【TV観戦記】NY杯 浦和3-1磐田 好調な転校生

TV観戦記
02 /11 2015
ニューイヤーズカップ2戦目の相手は、
昨年、ギシの渾身のヘッドに沈んだ磐田さん。
鳥栖で似たような目に遭ってる弊社といたしましても、
妙にシンパシー感じる相手ではありますが、

うちのカピバラ削るんじゃねえよ>ローサの旦那

この日は先日TVに映らなかった方多数。

ゴール
10分 武藤
70分 橋本
77分 ウガ
87分 小林

うちのスタメン

____ズラ____
__武藤__石原__
橋本______ウガ
__柏木__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

68分 青木→秀仁
75分 武藤→タカトシ
82分 陽介→斎藤

とりあえず、武藤の早く髪が伸びて欲しい気持ちは理解した。

転校生が難易度の高い戦術に馴染めず苦しむという印象を、
以前よりこの浦和から感じることはあまりなくて。
広島組はともかく、慎三や関口や青木らも、
早い段階で適度にフィットしていたような気がします。

時間がたつと、逆にわかんなくなっちゃうようなシーンは、
よく見かけますが。

ズラタン、武藤、橋本が、とても楽しそうにやってます。
レギュラー獲っちゃうかも知れんね。
それより、フィットする選手を見定めるミシャの?慧眼。
シーズン始まるのが楽しみです。

どの選手も浦和のサッカーが楽しいという。
フィンケの時もそんなこと言ってましたが、
やはり、サッカー選手というのは、
たくさんボールを触れた方が嬉しいのかもね。

だとすれば、こちらも楽しまないといけないのかな、とか。

浦和のサッカーは、もう少し前線での遊び心がないと、
余裕なく、ストイックにゴールの執着してしまうと、
いけないのかな、とかブレブレなわけですが。

0-0でもOKな雰囲気、余裕があった前半のサポーターの前で、
勝ち点3を順調に積み上げていた姿と、
優勝への期待が自ずと高まる、ハイテンションなサポーターの前で、
手詰まりになり、もがき苦しむ姿を重ねると、
こっちにも余裕がないといかんのかなあ、とか。

せめてTMは、ニヤニヤ眺めたいものですなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito