【展望】J1第33節アウェイ鳥栖戦 だからなんでいつもこの時期九州?

展望
11 /28 2014
日程くん、手抜いてるだろ。

鳥栖の前節

____豊田____
ミヌ__池田__水沼
__藤田__岡本__
安田______丹羽
__キム__菊池__
____木木____

ユ将なきあと、崩壊が確実視される中、
見事なまでにクオリティを維持して上位に留まっています。

それでなくても、この2年間のベアスタでの惨状を思えば、
浦和が勝利を収めるイメージがまったく沸いてきませんが。

まことに、嫌な相手であります。

浦和も、大原にて4-2-3-1のトップにトヨを据えた控え組と、
ロングフィードを念頭に置いた練習を重ねてはおりますが、
このシャレでしかない仮装トヨグバに手こずる始末なので、
土曜日には、それなりの覚悟が必要なのではなかろうかと。

徳島戦も、決してうまく運んだ試合ではありませんが、
じっくりと慌てずに丹念にチャンスと作り続け、
安田のカットインから右足を振りぬいた1点を守り切る、
抜け目ない、大人のサッカーができています。

ホームでやられた、安田とムヌの左からの崩しや、
わかっていても止められない豊田の高さはやはり脅威。
藤田、水沼、池田といったところも、
うっかり目を切ると、ちゃっかりゴール前に現れるし。

つくづく、チームは予算ではないなあと。

ただ、浦和も木曜日の練習を見る限り、
無駄に手をかけず、簡単にゴール前にボール入れてたので、
ガンバ戦前のような重苦しさやもどかしさは感じられず。
慎三は完全別メニューに戻ってしまいましたが、
逆に頭の中がやっと整理されたような気もしますが。

絶好機を外し続けて、もってなさ加減炸裂だったウメが、
居残って、必死にヘディングシュートの練習をしてました。
もしかすると、彼の前にボールが転がってくるかもね。

負けたとはいえ、パトリックと宇佐美には完勝したんです。
自信を持って、ベアスタに乗り込んで欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito