アウェイ柏戦 やりきることの大切さ

観戦記
05 /06 2009
三鷹で、女子U-15東京予選準決勝なんぞ見ていたものですから、
国立に到着したのは、”都築様入りました~”とほぼ同時。
雨足の強まる中、得意のパスサッカーが機能するのか不安が募ります。

試合前の柏の選手紹介は、相変わらずチャントをはさむのでgdgd。
ゴル裏中央の最前列あたりに、謎のスペース。
スクリーンに映し出される、コミカルなはげ頭。
そして、柏サポが斉唱する、柏バカ一代。

毎度のことながら、柏ゴル裏の出し物には、笑いが止まりません。
前回負けたので、「やり直せ」コールも封印。
ここまでは、完全に柏ペース。

やはり、素晴らしいな、柏サポは。

DSCF2864_convert_20090506111406.jpg DSCF2868_convert_20090506111452.jpg
DSCF2865_convert_20090506111514.jpg DSCF2866_convert_20090506111537.jpg

さて、スタメンは、いつもの通り。
他にいないのかよ、という気もちらほら。
結局、ティーンズの2人は、この日も早々と途中交替となるわけですが、
先生には、先生なりの狙いのようなものがあるのでは、と、
ここまで貫かれると、そう思わざるを得ないところですが。

サブの見学枠は、水輝クンに代わって、峻希クン。

試合の方ですが、
先に謝っておきますが、実は試合中、愚痴りっぱなしでした、僕。

どうせ、こんなコンディションでパスなんか繋がりにくいんだから、
もっとシンプルにゴール目指せとか、シュート打てとか、
きれいにやりすぎなんだよとか、すかしたプレーすんなよとか、
柔軟にやり方変えろよとか、泥臭さが足りないんだよとか、
疲れてんなら直輝も元気も使うなよとか、控えが育ってねえよとか、
ずっと、ブツブツ言っていたような気がします。

そして、それがフィンケの最初の壁なのかなあ、などと。
実際に、今期最低の試合だったと思います、同点に追いつくまでは。

前半、ポンテのパスを、エジが押し込んで先制。
とはいっても、向こうの方でごちゃごちゃやってたので、良く見えませんでした。

浦和左サイドで小林が萌に競り勝ち、
小林の鋭いクロスに、北嶋が見事なダイビングヘッドで同点。
これぞFWというビューティフルゴール、これは良く見えました。

続いて、柏が右からのCKがファーサイドへ。
浦和DFに当たって、跳ね返ったボールを石川が至近距離からボレー。
これまた見事なゴールで、浦和ゴル裏を黙らせてしまいました。

どうも、このところ前線、中盤の動きが足りないのか、
パス回すのが最終ラインで、出しどころがなさそうに見えます。
そして、相手に詰められて、結局、闘莉王や都築のロングフィードが多くなる。
そうなると、去年と大した差はなくなってきます。

シンプルに前に運んで、ミドルレンジからどんどんシュートを打ち、
FWがこぼれ球狙うようなやり方の方が、可能性はありそうなのですが、
浦和は最後までパスをつないで、崩そうとし、
フィニッシュに至るまでに、相手にボールをさらわれる繰り返し。

そもそも、この日は球際が弱すぎ。
柏の出足、球際の執念の方が上回り、
逆に浦和の選手は腰高で、絶対に相手に取らせないというような気迫を、
感じ取ることができませんでした。疲れてるのかなあ、ACLもないのに。
ジャッジの拙さも随所にありましたが、審判にアピールすることよりも、
1対1で負けてんじゃないよ。

今日はきついなあ、という気がしていました。

でも、多少、闘莉王の攻撃参加とかもありましたが、
このコンセプト、貫き通してしまいました。
いやいや、おみそれいたしました。

後半、CKから、エジが柏DFに詰めて、オウンゴールを誘発し、同点。
電光表示はずっとエジになってましたが、
また彼が、周囲を欺くような喜び方でもしたのでしょうか。

シュミレーション取れよw。

そして、今度はエジのシュート。
菅野が止めて、古賀がクリアしたボールを、
セルが、「たけのこの里」で鍛えた腹で、ゴールに押し返します。

なんちゅう泥臭い、リーグ初ゴール。

素晴らしいサッカーしていたと思うんですけどね、柏は。
個人的には、妥当な結果とは思っていませんが、
最後は、浦和が勝ち点3をもぎ取ってしまいました。

DSCF2871_convert_20090506111606.jpg DSCF2872_convert_20090506111628.jpg

パスサッカーを貫くことで、
相手にダメージを与え続けていたのかもしれません。

ただ、後半の最初の方で、
高原ともつれた菅野が、痛んでいるようにはとても思えませんでしたが、
のた打ち回って、思いっきり時間稼ぎしていた場面。
あの時点で、柏が点を取るより、時計を進めることを選択したこと、
すなわち、あれだけ残り時間があるのに守りに入ってしまったことが、
この結果を導いてしまったような気がします。

これで、何はともあれ、またホームの連勝記録が伸びました。
あ、ホームじゃないか。

次は、天津で散々な目に遭って帰ってくる川崎とのホームゲーム。
走り負けるようなことは許されないですよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっぱり!
赤人さんと同じで、「おいおい!!」と・・・叱咤してばかりいました。
柏のプレス、前半からきつかったですよねぇ~。

GKもDFもな~~んか時間稼ぎしてましたよね。タカは人がいいから、寄り添ってましたが・・・。

で、そのDFは、ライン外に出たら、シャキッとして、即効サイドラインを駆け上がってましたから。
もうちょっと正確にジャッジしてもらえるとイライラしなくて、済むんですが・・・(ーー;)

ただ、ポンちゃんも上手にファールを取ってましたけどね。体入れて・・・。パチパチ♪

それにしても、最後の最後、あのタカのシュート、決まっていれば・・・ヒーローだったのになぁ~。

PS; アフラックの社長、アップにも出てきて、記念撮影前にも出てきて、露出度抜群・・・すぎ。これ、試合・・・だから。

ジージは、高原のシュートを見て悲しくなりました。
新人みたいに自信なさそうで…、案の定、外した。

フィンケさん お願いだから高原を先発で使ってください、前半だけでも。
あの子はプライドズタズタだと力出せません(多分)。
高原が再生しないと夏場以降、苦しいと思うから。
元気は後半途中でいいから…、試合に出たいという野獣感覚を取り戻させるために…。
直輝は(顔は子供だけどやるこたー大人だから)適当に休ませながら…。

それと、ケイタもたまに休ませようね。

>ファイト様、じ~じ様
ご安心下さい、タカは必ず復活します!
彼は、絶 対 に、やればできる子です!

びしょ濡れになり、
おかげで風邪ひきました。
熱が下がらんこと。

インフルかとオモタ

>あにき
またまた~、ほんとはインフルなんでしょw。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito