【観戦記】J1第30節 鹿島1-1浦和 あと4試合

観戦記
10 /27 2014
10月終わりの日曜の19:00とか、行くわけないだろ、
と思ってたわけですが、仙台戦見ていていたたまれずに、
モツ煮食べにやってまいりました。

カシマスタジアムは特別ですからね。

鹿島のスタメン

____赤崎____
カイオ__土居__遠藤
__満男__柴崎__
山本______西_
__昌子__植田__
____アゴ____

64分 赤崎→本山
75分 カイオ→豊川
80分 遠藤→ワグネル

ダヴィの離脱で、ワントップはやはり赤崎。
前節好調だった豊川はあえて外してカイオ投入。

____慎三____
__マルシオ__陽介__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

55分 関根→関口
59分 マルシオ→忠成
76分 慎三→啓太

関根前節で、ヒラさん今節がセオリーだろう、と思いましたが、
まあ、ウガもいなかったので、左右代えられなかったのか。
丸塩の起用も意外でしたが、そろそろ働いてもらわないとね。

試合の方は、いきなりPK失敗からスタート。
下手に早い時間に先制するとろくなことないので、まあいいですが、
前半のレッズは、しっかり試合をコントロールしていたと思います。

遠藤のサイドチェンジから、カイオにぶち込まれたシーンは残念。
関根と森脇2人とも、間合いを取り過ぎ、1人チャレンジしろって。

現場では少し消極的に見えて苛々していましたが、
オンデマンド見直して、局面でしっかり戦えていて、まあ満足。
やはり、チームとして、昨年ラストの大崩壊が気になってるのか、
結果にはつながりませんでしたが、この2試合の試合運び、
甲府に失点0、鹿島に失点1という結果は評価しないと。

関口、忠成投入によって攻勢を強め、
阿部ちゃんのシュートのこぼれ球に忠成が詰めた同点シーンはさすが。
固められた真ん中を、見事にぶち破りました。
そのあと、足が止まって押し込まれたのは残念でしたが、
逆襲もありましたし、ドローは妥当な結果だと思います。

慎三の骨折はショッキングではありましたが。こればかりは仕方ない。
残った人間で残り4試合やり切るしかないでしょうし、
逆にこういうシチュエーションこそ、新たな変化をもたらすかも。


この戦い方でいいんだと思います。
(昨日の帰りの車の中での意見とは違いますがw)

慎三の代わりは、忠成が背負うんだと思いますが、
ウメ、マルシオも黙ってないと思います。
しっかりバランスを維持しながら、少ないチャンスに賭ける。
そういう戦い方が、ベターなんでしょうなあ。

去年のことを考えると。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito