【展望】J1第29節ホーム甲府戦 もう相手がどうのではない

展望
10 /21 2014
正直、重~い気分なんですが。

とりあえず、土曜日の甲府

____キリノ____
_阿部拓__河本__
阿部翔____ジウシニョ
__パラナ__新井__
佐々木_山本_青山_
_____荻_____

この3バック、本当に出ずっぱりですな。
信頼されてるんだろうし、怪我しないんだろうし、ご立派。
クリスチアーノや盛田あたり温存してきてるのが不気味。
JFKは浦和大好きだからなあ、監督やりたいのかなあ。

みなさん仰る通り、降格争うだけのことはあるチームですが、
じゃあ勝ち点3取れるかというと、全く展望が開けない。
むしろ、いくら得点力が低くても、
簡単に、見事に失点してしまう浦和の性癖はそのままで。

だいたい、ミシャは3点取られたら4点取ればいいと言いますが、
そんな試合はいつぞやの大分戦ぐらいしか覚えがない。
仮にも国内のトップリーグに属するクラブを相手にして、
2点も3点も取られれば、勝利を得ることは限りなく困難。
威勢のいい言葉ですが、その姿勢が僕は嫌いでして。

それをわかってる選手が、自分たちで修正を加えて、
しぶとく勝ち続けたのが、7連続完封のころ。
この時も、戦術的に完成されたものとはとても言えない代物で、
周作のスーパーセーブや相手の決定力不足に助けられたもの。

瓦斯との4-4を契機に、攻撃の歯車が噛み合いだしたものの、
逆にクリーンシートはめっきり減り、安定感はまったくなく、
頼みの攻撃力は長居あたりから怪しくなり始め、
降格圏近辺のチーム相手の、ここ3試合で1勝2敗。
難しい相手とか言ってる場合ではないでしょう。自滅なんだから。

ユアスタの浦和は、守備戦術という土台の無さを露わにし、
集中力を欠いたまま、あまりにあっけない失点を繰り返しました。
一度決壊してしまった堤防を再構築するのは簡単ではない。
そして彼らはそれを放置して、攻めに出るような気がしてならない。

それが、自分たちのサッカーだから。
そこに彼らが逃げ込んでしまうことが一番怖い。

去年も、コンディションの問題などなかったと思います。
ナビの決勝迎えるまでは、盤石の戦い方を体現していました。
しかし、ネルシーニョに対策を講じられ、攻め手を封じられ、
それを克服するために、無理押ししてバランスを崩しました。

それを、未然に防ぐ手立てを、ミシャは持っていない。
去年の二の舞となる可能性は、決して低くないと思います。

頼みの周作のパフォーマンスが、ユアスタでは相当低調でした。
それは、後半の凡ミスが発生するずっと前から。
2失点目のシーンでも槙野と森脇の右往左往ぶりを見ても、
集中できずに自分を見失っているように見えました。

信じたいけどなぁ、でも、本当に修正できるのかなぁ。

せっかくここまでこのシステムを熟成させたんですから、
まずは相手と戦うこと、相手より早くボールを奪うこと、
そこから先は、体が勝手に動くと思うんですよ。

バランスを失い、崩れかけているんですから、
まずはこのミラーゲーム、1対1で負けないようにお願いします。
しょうもない話ですが、ここ乗り越えるために必要なものは、
もう、根性だけなんじゃないですかね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito