【展望】J1第28節アウェイ仙台戦 不気味なベガルタ

展望
10 /16 2014
代表戦、ナビ杯、天皇杯、
他人様のサッカーをヘラヘラ見てるのももう飽きました。
どうでもいいものは、やはりどうでもいいもので。

最近の仙台の布陣(うろ覚え)

__赤嶺__ウィルソン_
野沢______太田
__梁___富田__
石川______菅井
__上本__鎌田__
_____岡_____

最近の仙台の成績

仙台(A)0-1新潟(H)
仙台(A)1-2鳥栖(H)
仙台(H)0-1鹿島(A)
仙台(A)1-1川崎(H)
仙台(H)1-0瓦斯(A)

泥沼の5連敗を快走していましたが、
鳥栖戦以降続いた上位との対決で、川崎に分け、瓦斯に勝ち、
多少、薄日が差してきた感じの今日この頃。

個人的にはボランチに角田が入ると守備の強度が増し、
底からのショートカウンターで快速SHが左右を疾走して、
シンプルに2トップに折り返されてアワワなんて印象ですが、
そういや、ちょっと前からクニくんはうちにおるしな。
武藤とかも、厄介ですけどね。

最近はボランチに梁、左前に野沢を配置して、
左で溜めといて、右に展開して太田を走らせるなんてのが多いね。
渡辺さんというのは、ビルドアップとか繋ぎとか大事にしてるのかな。

上本が復帰して、柄の悪さでバックラインの安定をもたらし、
アーニー体制で謎の干され方をしていた赤嶺も前回の模様。
何よりメンバーがある程度固定され、ジタバタしていないのが、
川崎や瓦斯との試合で結果を出している原因でしょうか。

簡単な相手ではありません(もうええ
まあ、淡々と仕事してるところが、不気味ではあります。

浦和は休養十分で、仙台、甲府、そして大一番の鹿島と3連戦。
過去2年の失速、2007年の大逆転負けなど思い起こせば、
とてもじゃありませんが、楽観論に相乗りなどできませんが、
この3連戦、うまく乗り切ることができれば、
宴会の予定が見えてくるんじゃないですかね。

どっちにしろ、飲むんですが。

コンビネーションもコンディションも問題ありません。
いい緊張感で、ユアスタに乗り込めそうですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito