ホーム新潟戦 そろそろ不安もちらほらと

観戦記
05 /03 2009
新潟は、先月、今月と3回も埼スタでゲームがあるようで、
本当に、現地参戦の方、ご苦労様でございます。
アウェイ自由の人の入りは、今期一番という感じで、
まだまだ、新潟の動員力は衰えていないことを実感。

それもこれも、やはりチーム状態の良さが、サポを惹きつけるのか、
この日も、最近の好成績が伊達ではないところを見せてくれました。

うちのスタメン、サブは清水戦と同じ。
今年は、すっかり前半寝ることのなくなった浦和が、
立ち上がりから主導権を取ります。

が、試合は徐々に、新潟ペースへ。

まずは、直輝・元気のガス欠症状。
ユースで連戦には慣れているとはいえ、
Jクラスのゲームに続けて出るのは、人生初体験なわけですから、
そりゃあ、疲れがないなどということはありえないわけで。

もともと、少し手数が多すぎるきらいがあるところに、
いつもの走力に陰りが見えれば、チャンスメイクもままならない。

次に、新潟のCB2人の大変しっかりしていること。
若いですが、Jの中でも屈指の防御力なんじゃないですかね。
もともと、クロスあげるところまでは、かなりの質の向上が見られるものの、
決して、それでぽんぽん点が取れるわけではない浦和ですので、
次第に閉塞感が漂い始めます。

それと、新潟の前の4人。松下は役に立ってたのか、よくわからん。
ペトロさんには暢久、貴章には萌がつきますが、
巧みなドリブルで中に入られ、たびたびフィニッシュまでいかれます。
リシャルデスさんには、ポストにぶつけられますし、生きた心地がしない。
大島は、うちのCBに何もさせてもらえませんでしたが、
どうも、やられそうなイメージというのは、なかなか払拭できないもので。

まあ、さすが3位にいるチームです。
去年より、数段強くなっている。

前半、最後の方になって、ようやっと浦和も球が回り始めましたが。
点が取れる気が、なかなかしなかったというのが正直なところです。

後半も、今ひとつの出来でしたが、
新潟が、自滅を開始します。

きっかけは、浦和の激しいタックルを主審に流された直後、
報復的なタックルをファールに取られたあたりかなあ。
判定に対する不信感が増幅して行ったように見えました。
そこで、だんだんとリズムを崩していったように見えました。

そして、キーマンのリシャルデスさん、あえなく2枚目のイエロー。
いろいろ言い分はあるでしょうが、まあ、愚の骨頂。

一人少なくなった時点で、うぃあ~さんも、危機感を募らせたことと思います。
こういう場合、気持ちよく勝てたためしがない。
数的優位を生かせない点については、伝統的に定評ありますから。

案の定、浦和はさらにペースダウン。
専守防衛でどん引きした新潟陣営には、スペースがありません。
交代出場の高原とアレは、まったくチームの流れに乗ることが出来ず、
嫌気のさし始めたポンテさんも、無気力プレイを連発。

一方、完全に引き分け狙いに切り替えた新潟も、
ちょっと触れば、ぶっ倒れて時間稼ぎのオンパレード。
清水同様、浦和ボールになると、地面に倒れてプレーを切ることを要求しますが、
主審も浦和も知らん顔で攻撃続行すれば、倒れてた選手も慌てて戦線復帰。

マイボールにしてから蹴りだすこと考えろよw。

そして、久々の闘莉王大作戦発動。
惜しいチャンスを何度も逃しましたので、これはもうスコアレスドローかと諦めていましたが、
彼は、さすがに役者でした。値千金のVゴール、のようなもの。

お待ちしておりました。

インタビューで彼も言ってましたが、
その時、なぜかツボが、セットプレイに参加していました。
得点シーンでは、闘莉王を守るように、相手DFをブロックしていました。
いつもカウンター警戒要員のツボが前線に出現したことで、
さぞや、新潟も混乱したんだろうな。

ツボは持ってるな。

せっかく、時計を進めておきながら、
ロスタイムに勝ち越されるという、新潟には気の毒な結末。
そのあと、すぐに終了の笛吹かれて、主審に詰め寄る新潟の選手。
はっきり言って、醜い光景でしたね。自分で進めた時計だろ。

数年前の博多の森を思い出させるような、劇的な勝利。
アフターバーでのビールのうまかったこと。

ちゅうか、もっと売り場増やしてよ。凄い列でしたよ。

ただ、いろいろと、今後の不安も感じる試合でした。
交替選手がチームにフィットしない現実。レギュラーとの格差発生?
走力が落ちると、とたんに威力を失うチーム戦術。連戦大丈夫?

いつまでも、直輝と元気におんぶにだっこじゃあなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤人さま

始まってすぐに元気の元気がないことに気がついた(殴)
多分、勤続疲労、身体もだけど頭が働いていなかったね。
次戦にフィンケさんがどう手を打ってくるか楽しみ。

予想          エジ

    三都     ポンテ      ナオキ


         アベ     ケイタ

モエ~    釣男     ツボ      ノブヒサ

            キック

ツカサがいたらな~と思えるこの頃
回復具合はどうなんでしょうね 

>じ~じさま
今年のレプリカ、7番なのよね、僕。
まだ、1回も着ていけてませんが。
このスタメンも、楽しそうですね。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito