皮算用

浦和レッズ
09 /25 2014
残り9試合で2位との勝ち点差6というのは、いかにも微妙な居心地で。
前半を2-0でリードして、ハーフタイムに入ったような感じかな。

まあ、2007年に残り5試合で勝ち点差10をひっくり返された身としては、
油断するということは、おそらく半世紀はないと思います。

1シーズン制になってから、終盤優勝に絡んでたのは、
僕の記憶では2005~2007年、そして2012~2013年。

そのうち、優勝できたのは2006年だけですから、
それほど、終盤戦の優勝争いに長けているクラブではござんせん。

残り10試合の成績を見てみると、

2005年 △●○○○ ●○●○○ 勝ち点19(10,9)→最終59
2006年 ○○○△● ○●○△○ 勝ち点20(10,10)→最終72
2007年 ○○○○○ △△△●● 勝ち点18(15,3)→最終70

2012年 ○●○●● △●○●○ 勝ち点13(6,7)→最終55
2013年 ●△△○○ ○△●●● 勝ち点12(8,4)→最終58

( )内は、25-29節、30-34節の勝ち点

2005年は春先に勝てず、どん底からまくって、最後に届かなかった年。
長居で負け、万博で負け、フクアリで負けて絶望しながらも、
そのたびに上位がこけては生き返り、しっかり勝ち点取り返し、
最終節ビッグスワンでは、一瞬夢見させていただきました。

2006年はさすがに堅実。実は24節終了時は脚さんが上にいました。
33節に味スタで勝ちきれず、埼スタでの最終節に持ち込まれました。

この両年とも、着実に試合数×2の勝ち点を順調に積み上げてます。

極端だったのは2007年。29節終了時点では優勝した鹿島に勝ち点差10。
しかし、残り5試合を3分け2敗でまさかの勝ち点3だったのに対して、
鹿は最後9連勝で駆け抜けるという離れ業。
33節埼スタで、野沢に食らった痛恨の決勝ゴールは一生忘れられない。
引き分けで、優勝が決まっていた試合でしたからね、ホームやし。
ACLの激闘で、もうひと踏ん張りする体力も、残ってなかったよね。

まさに、こういうことも起こりうるわけです。

一方、ミシャの1年目、2年目の秋口の弱さときたら・・・。
豊富な運動量、メンバーの固定化から、ガタのくる時期なんでしょう。

ただ、今年は比較的涼しかった夏場を無難にこなし、
2つのカップ戦もすっきり敗退し、12月まで余裕のある日程。
選手層も厚くなり、控えメンバーのレベルアップで消耗も少ない。
今年は、去年までのような失速は起こりにくいのではという期待。

今後の対戦相手も、
新潟○、C大阪、徳島、仙台、甲府 と下位チームが続き、
鹿島、FM横浜、G大阪、鳥栖、名古屋 と最後に難敵が続きます。

6位以内にいた、川崎、鳥栖、鹿島、G大阪、神戸、のうち、
25節に星を落とした鳥栖、神戸には、テッペン獲るだけの勢いはない。
ライバルは、川崎、鹿島、G大阪の3チーム。

昨年、川崎もラスト10試合で8勝して、勝ち点24を荒稼ぎしていますが、
優勝圏外という気楽さからの快進撃と考えるのが正しいと思います。
今年はその爆発力をG大阪に感じますが、いかんせん発射台が低い。
そして何より、この両チームはナビスコの準決勝2試合残しています。

となると、現実的に考えて、10試合で積める勝ち点は、
いいとこ、7勝3敗の勝ち点21あたりでいかがでしょうかね。

浦和と争った優勝チーム(2006年は2位のチーム)

2005年G大 △○○●● ○●●●○ 勝ち点13(7,6)→最終60
2006年川崎 △○○△○ ●○●○○ 勝ち点20(11,9)→最終67
2007年鹿島 ●○○○○ ○○○○○ 勝ち点27(12,15)→最終72

2012年広島 ○○○△● △○●○○ 勝ち点20(10,10)→最終64
2013年広島 ●○○○● ○△●○○ 勝ち点19(9,10)→最終63

2005年のG大阪は酷すぎるし、2007年の鹿島はやり過ぎですが、
やっぱり、最後は勝ち点20前後がひとつの目安になるのでは。

そうすると、得失点差と勝ち点差6のアドバンテージ持った浦和は、
新潟に勝って、あと残り9試合であと勝ち点12でもOK。
あと勝ち点15で十分。優勝ラインは65~68点ぐらい。
なんとかかんとかあと5勝すれば、いけるのではないかと。

そ の 5 勝 が 本 当 に 難 し い ん だ け ど ね 。

※ちなみに、2008年の記憶は飛んでいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito