【TV観戦記】親善試合 日本代表0-2ウルグアイ代表

日本代表
09 /06 2014
アギーレさん初陣は札幌ドーム。
美味しいもん食って、帰って来てください。

先発 4-3-3

____皆川____
岡崎______本田
__田中__細貝__
____森重____
長友_____酒井宏
__坂井__吉田__
____川島____

こうやって見ると、美しい陣形ですね、4-3-3って。
直輝たちの4-3-3も楽しかったけどなあ。
森重が落ちればサイドが上がって、スムーズに3-4-3。
用途の広そうなシステムだと思います。

プレスバックという点では、そこそこできていたと思います。
ただ、本田がえらく深いとこまで下がって守備してたので、
とてもじゃないけど、点は取れそうにないなあ、と。

萌がアンカーより1枚上だったという点から、
この試合、格上ウルグアイ相手にどれだけ守れるのか、
というのが、第1回定期テストの問題だったのだろうと思います。

そういう意味では、坂井のトラップミス、酒井宏の判断ミスで、
しょうもない2失点は与えましたが、組織的にはできていたような。

ただ、ダイレクトプレイという点では、まだ時間が足りなすぎるのか。
ターンオーバーからのファ^ストプレイがいかんせん遅く、
ウルグアイの早い帰陣で、手の打ちようがありませんでした。

特に両翼の岡崎、本田も守備に奔走してましたから、
即座に前線の当てると言っても皆川だけではいかんともしがたく、
中盤の3人からボールを展開する前に潰されていたイメージ。

皆川の惜しいヘッドもありましたが、ほぼノーチャンスでした。

途中 4-2-2

__岡崎__本田__
柿谷______武藤
__森重__細貝__
長友_____酒井宏
__坂井__吉田__
____川島____

本田を前に押し出す4-4-2への移行、
最後面白い動きをしていた森岡は、ボランチにいたのかなあ(ビデオ見ろ

正直、チームとしての連動性は見るべきものがありませんでしたが、
皆川のCFとしての性能は合格点でしょうし、
萌とTJのインサイドハーフも、それぞれの持ち味は出ていました。
武藤の怖いもの知らずのプレイで、短い時間のなかポストにぶつけたり、
妙に貫禄のある柿谷が頼もしく見えたりと、新顔はまずまず。

むしろ、本田、岡崎、長友の常連組が元気がなかったように見えました。
従来のサッカーとの違いに、戸惑いが大きかったのかもしれません。

まあ、極めて妥当な0-2の敗戦。
ちゃんとしたチームで、ちゃんとしたサッカーを見せてくれた、
ウルグアイ代表には、本当に感謝です。また、胸貸してください。

しかし、借りたはいいけど、みんな胸板厚過ぎ。


やはりアギーレのサッカーは、多彩な陣形で相手に対応する、
守備を重視したリアクションサッカーに見えました。
これは攻撃主体、ポゼッション志向で、自分のスタイルを貫く、
ザックのサッカーとは対極にあるもののような気がします。

継続性と簡単に言いますが、
日本はまだまだ自分のスタイルなど、いまだ見出せぬ段階にあり、
ブラジル大会では、自分のやりたいことを貫く実力などないと痛感し、
まず、しっかり守ってカウンターでは、岡田ジャパンに逆戻りかも知れないが、
それでも、今の日本に必要な変化ではないかなと思います。

ザックのサッカーも、アギーレのサッカーもできるようになって、
初めて、日本のスタイルを模索できるような気がします。

コンフェデの出場権がかかるアジアカップが、すぐやってきます。
なかなか思い切ったメジャーチェンジに踏み切りにくいアジアの現状で、
すぐに結果も求められるアギーレの仕事は、生易しいものではありませんが、
なんとか、クリアしてほしいと思います。

そのためにも、JFAとJリーグは、
強化のための日程とはどうあるべきなのか、本当に真剣に考えて欲しい。
スポンサーや広告代理店に踊らされた、ただ試合を詰め込むのではなく、
彼らを、堂々とコパアメリカに送り込むぐらいの、
彼らを、思う存分ACLで力を発揮できるぐらいの、
そういうプログラムを、作り出して欲しいと思います。

疲れ切ってしまっては、何も手にすることはできませんよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito