【展望】J1第21節アウェイ東京戦 強敵ですが

展望
08 /21 2014
埼スタでは、忠成のヘッド一発で沈めた瓦斯ですが、
リーグ戦最近8試合5勝3分 得点14失点1。
クリーンシートはうち7試合、5試合連続完封中。

な に こ れ バ カ 強 い ん で す け ど 。

前節鳥栖戦のスタメン

____平山____
武藤______千真
__米本__羽生__
____高橋____
太田______徳永
__森重__吉本__
____権田____

序盤戦では笑いものにされていたフッカちゃんも、
その手腕は本物臭く、無駄に豊富だった選手も有効活用。
スタメン外に河野、三田、エドゥー、石川、三田、東と、
アタッカーだけならもう2チームぐらいできる。

しかも、どの選手も適度に試合に出ていますので、
フィジカルはできてるし、モチベーション高いし、
カップ戦要員のうちのBチームとは雲泥の違いです。
チームコーディネートも優れていると認めざるを得ない。

と思って、鳥栖戦を見ていたわけですが・・。

千真の折り返しをきれいに叩き込んだ米本は見事でしたが、
それ以降は広島で全く精彩のなかった鳥栖の一方的展開。
左右に寄せる3ボランチがサイドチェンジで揺さぶられ、
徳永の後ろが炎上して、池田、水沼、豊田と決定機の連続。

瓦斯もたまにゴールに迫りますが、
たまたま高い位置でボール奪っって一人で攻め切るとか、
ロングボールがたまたま平山に収まるとか、単発ものばかり。
ビルドアップ、パスワークでチャンスを作るのは鳥栖の方。

ただ、それだけに攻撃陣の潔さ、シュート意識の高さだけで、
ゴールの匂いを感じさせる瓦斯のアタッカーは少し羨ましい。
特に武藤のキレのある動きは、一瞬の隙も許しませんし、
人の3倍走り回る米本の充実ぶりも、チームの活力となっている。

また、甲府の盛田、広島の皆川、群馬の両外人と、
最近、ポストプレイからリズムを作られたりしていますので、
平山、エドゥーあたりにボール集められるのも嫌な気が。
チームがうまく回ってるのと、まだトップまで差がある気楽さで、
やることがはっきりし、迷いがなく、全員が走れている印象です。

ただ、じゃあどうにもならないかというと、そんな感じもないかな。

このチームの3ボランチの位置に、浦和は誰もいなかったりします。
鳥栖戦を見る限り、4バックだとSBの横がどうしても空いてくる。
ポポビッチのような捨て身のミラーゲーム施してくると、
彼らの得意な形を、ある程度放棄せざるを得ない。

必ずしも、瓦斯さんのペースで試合が進むとも思えないんだよな。

あとは勇気の差。戦術とエゴの折り合い。アタッカーの覚悟。

パスコース探さないで、シュートコースを見つけて欲しい。
他人に頼らず、撃つつもりで、パスを受け取って欲しい。

そこに活路が見い出せるんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito