【観戦記】天皇杯3回戦群馬戦 よく見る光景

観戦記
08 /21 2014
駒場でやらかすのは、もう慣れました。


群馬のスタメン

____エデル____
__小林__宮崎__
瀬川______小柳
__坂井__加藤__
_有薗_クォン__黄_
____富井____

そこそこベストメンバi-での5-4-1。
後半、ロビーニョ、青木を前線に投入しても、
基本的なシステム変更はなし。

____忠成____
__直輝__矢島__
関根______関口
__那須__青木__
_水輝_永田_坪井_
____周作____

ミッツ、那須併用でアベユ・啓太は完全休養、直輝は前。
周作はお疲れ様です。


群馬が特別な奇策を弄したわけでなく、
浦和対策としては常道のミラーゲームの構えを取って、
ブロックをしっかり作って、集中切らさずチャンスを待つ。

浦和は、特に前半はまったく危なげない試合運びながら、
前線の、特に忠成・直輝の呼吸が絶望的に合わず、攻めは停滞。
この2人はクォンと黄のベタ付きされて身動きが取れない一方、
リベロに近づいたり、SHに近づいたり、
中途半端なエリアを浮遊する矢島がよくフリーになってました。
前向く回数も矢島が多く、直輝は後ろにはたくだけ。
もう少し、工夫がいるのではないかと。

それでも、直輝はレギュラー組の様に安易にサイドに逃げず、
徹底して中央エリアへのトライを繰り返していたのには好感。
先制点のPK奪取のシーンも、その成果だと思っています。

しかし、浦和の運動量が落ち始めると、群馬の反撃開始。
後半投入されたロビーニョのポストプレイに対し、
広島の皆川の時と同様、ミッツの対応が緩みだします。

そして、69分にロビーニョにバイタルでボールキープされると、
援軍に駆けつけかけた水輝が青木孝太を放してしまいました。
なんともお粗末な失点で、群馬に勇気を与えてしまい、
逆に水輝は、新潟に行く前の様な、萎縮して情けない姿に。

そして81分、ごちゃごちゃしててよくわかりませんでしたが、
ゴール前から中途半端なヘッドでのクリアを拾われて、
周作のわきの下をぶち抜かれて万事休す。

前半から、これはAチームでも良く見られる光景ですが、
カウンター食らって、数的不利になって慌てて駆け戻り、
何とか間に合って数的同数になると、ホッとしてそこで手を抜く。
そしてノープレッシャーの相手に再度仕掛けられ、後手を踏む。

連続完封勝利の毒が回って来ているような気がします。

1-0で勝ち続けるのは、偶然の助けを借りないとできません。
どんなに完璧に守っていても、守りない場面が必ずある。

決定機を決め切れなければ、少しでも守りで気を抜いたら、
簡単に崩れてしまうのが1-0というスコアだと思います。
それは相手がJ2だろうと、地域リーグであろうと関係ない。

勝つためには、特に格下の迷いのないチームに勝つためには、
追加点を取って、相手をねじ伏せるしか手はありません。
これは、Bチームの問題ではなく、浦和全体にのしかかる問題。
周作に依存して、これ以上腰の引けたサッカーを続けるのか。

それで、去年の二の舞になっても仕方ありませんが、
チャンスをたくさん作るのではなく、
数少ないチャンスをどう生かすのかというテーマだと思う。

押し込んだ相手陣内で、たらたらパス回してたらいかんと思う。

ほとんどの時間をしっかりリトリートしながら、
チャンスになったら何人もの選手が相手ゴールに殺到する。
群馬の姿は、ポゼッションとかカウンターとかではなく、
基本なんだよなあ、と眺めてました。

まあ、負けちゃったのは残念ですが、お仲間も多いことですし、
後半戦もまだたくさんありますから、切り替えて行きましょ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito