【観戦記】天皇杯2R浦安SC戦 楽勝気分で罵詈雑言

観戦記
07 /13 2014
浦和のスタメン

ガチ

浦安のスタメン

よう知らん

そういうわけで、台風一過のクソ暑い土曜日、
久々の駒場に息子が初参戦となりまして、バクスタに鎮座。

試合の方は、まああんな感じで(どこまでも雑)

浦安は予想通り後先考えない運動量で鬼プレスかけてきたので、
当然、たっぷり消耗させて、きっちり後半に仕留めればいいんですが、
バクスタの一部サポの自信のなさは半端なかったなw。
同点にされた時の発狂ぶり見てたら、救急車でも呼ぼうかと思った。

最近、じっくり試合の流れを見ることができていた埼スタの住人とは、
全く違う人種が巣食っているのかなあ、駒場というところは。
これから、ただでさえ気温が上がり、しょっぱいゲームが増え、
リードされたり、勝ち越せなかったりという我慢の時間が増えるのに、
その一番厳しい時期に、足を引っ張る輩が増えなければいいんだけど。

天皇杯は相手の実力と試合内容が全く関係ないことは、
これまでも嫌というほど見てきたはずなんですけどね。
特に、相手が元気な前半に、そう好きなようにできないことは、
少し考えればわかりそうなもんですけどね。

試合の流れがわからないサポーターの圧力が、
少しずつ、チームのリズムを狂わすようなことも、あるわけで、
日頃、職場等で鬱積したものを、ここで晴らすのやめて欲しいもんだわ。

やっぱり、楽しく見ないとです。

その点、浦安サポは元気でした。点を取ったら大喜びだし。
メインもあれぐらい占拠すれば、選手も元気出ます。

いろんなゴールがありましたが、

司のド迫力ボレーが印象的でした。
関根は、なんだかんだで必ず結果出すから立派。
啓太は、あれ啓太なんですかね。

J1で通用する試合だったかはようわかりませんでしたが、
トーナメント戦を無難に滑り出すことができただけで、OKでしょう。
本番は、来週からだからね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito