【展望】2014W杯GL 日本代表vsギリシャ代表

日本代表
06 /17 2014
事前にどういう情報に寄りかかっていたのか存じませんが、
日本全国、ショックからまだ立ち直れていないようですね。
一応、順当負けなんですけどね。

次、勝てばいいんです、次。

コートジボアールのコロンビア戦スタメン

_____ゲカス______
サマラス______サルピンギディス
___コネ__マニアティス___
_____カツラニス______
ホレバス_______トロシディス
_パパスタスプーロス__マノラス__
_____カルネジス_____

57分 サルピンギディス→フェトファツィディス
64分 ゲカス→ミトログル
78分 コネ→カラグニス

名前、なげ~よ(怒

スコアは0-3での惨敗。ポジティブな要素も特になし。

1点目は、コロコロとゴール前を横断するグランダーのパスに、
大外から飛び込んできたアルメロをまったく監視できておらず、
2点目は、直前のいくつかのプレイの判定に「アリエネーヨマジカヨ」
と切れてる間にGKの目の前にクロス放り込まれてねじ込まれ、
3点目は、試合終了間際のボールキープと決め込んで棒立ちのところ、
するすると侵入してきたロドリゲスが、練習みたいなインサイドキック。

初戦は難しいのかなんだかわかりませんが、
堅守の名がなく、集中力欠如のオンパレード。
コロンビアがどうのという以前の問題。

攻めに関しても、顔ぶれ見たら、
ロングキック、サイド攻撃、空中戦でシンプルに攻めるぐらいしかないのに、
やたらとドリブルで、中央突破を図ってはボールロストの繰り返し。
予想通り、193cmのサマラスは空中戦よりドリブル好きの矢野師匠タイプ。

カツラニスが下がって、両SBを上げたりしてましたが、運用は限定的。
トロシディス、ホレバスのクロスは、結構、可能性感じるんですがね。
インサイドハーフがせっかく突っ込んでいっても、
ウィングの2人が逆に下がってリスク軽減したりしてるから、迫力不足。

やりようによっては、結構相手押し込めそうなんですが、
きっと、足元の技術がそれほどでもないのかも知れません。


日本の面子予想

____本田____
大久保_香川__岡崎
__山口__長谷部_
長友______内田
__吉田__森重__
____川島____

これしかないんじゃないかと。
中に入っていくのが取り柄の香川に、左に張っとけというのも酷な話。
変なボールロストが減れば、今までのやり方でいいのかもしれませんが、
誰をおいても、1トップにボールが収まらないのであれば、
実質、0トップという選択もあるのではないかと。

サイドに基点を作って、監視がおろそかになるファーを狙う、
結構、頻繁に切れる相手の集中力を見極めて虚を突く、
バックラインの不安な球回しを激しくチャージして、インターセプトを狙う、

あれ、これ、どっかのビッククラブ対策ではないか。

たくさん点の取れる国でもないので、先制して畳み掛けられれば、
勝負はあっさり決着するんじゃないかと思ってるんですけどね。

大事なのは勇気を持つこと。結果を考えないこと。
この先の舞台はないんですから、はじけちゃって欲しいんですがね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito