【展望】ナビ杯GL第7節ホーム名古屋戦 元気壮行試合

展望
05 /30 2014
降格争いから立ち直りそうなのが、甲府、仙台、そして名古屋。
人件費削減の煽りから、小者感満点のメンバーにスケールダウンした上、
シーズン当初からのけが人続出も併発して、闘さん孤軍奮闘でも超低空飛行。

しかし、若手がJのスピードに慣れてきたのか、最近形ができて来ました。

危なげなかった本多も、怪我から戻った牟田や矢田も、
ちょっと自信がついてきたのか、判断ミスが少なくなった気がします。
ロンドンで世界を驚かせたものの、いまひとつ使い道がよくわからない永井も、
ようやっと、チームにフィットしてきた感じはします。

その若手をのびのびとプレーさせる、攻守のキーマンは玉田と矢野。

玉田はトップ下で抜群のキープ力と小気味いいボールの散らし方で、
両脇の小川と矢田、トップの永井を巧みに操っているように見えます。
一方、左SBに収まった矢野師匠も、もともと守備には定評ありましたが、
1対1に強く、高さがあり、スピードがあり、ドリブルもうまい理想のSB。
おまけに、意外と攻撃力もあるようです。

この2人が、内容の割には結果がついてきている名古屋を牽引しています。

前節の名古屋

____永井____
小川__玉田__矢田
__田口__ダニルソン_
本多______矢野
__闘様__牟田__
____楢崎____

永井は怪我で途中交代しましたが、まあ原始的な構造なので大丈夫でしょう。
闘さんは予定通り、2枚目の警告で埼スタには来られません。
いつも、見事な調整能力に感服します。昔からブーイング嫌いだもんね。

まあ、ここまで持ち直してきた西野さんのチームコーディネイトはなかなか。
大型補強で浮かれていた神戸の時とは違い、メンバーが足りてませんので、
逆に危機感共有できていて、意外と生き残れそうな雰囲気はあります。

たまたま、この2試合は徳島、柏と数の上では浦和と同システムでしたが、
両SHが真ん中に切れ込んで、前4人が中央に固まるシーン散見。
攻めてる時には相手が5バック気味で、サイドにスペースもないし、
クロス上げたところでケネディもいないので、中央突破の意識が強そう。
そこに引き付けておけば、両SBにスペースができるわけで、
特に右の矢野師匠は、生き生きと突っ込んできて、まるでFWのようです。

しかし、流れの中で決定機を量産するわけではなく、
逆に、ここぞの場面でお手伝いいただいた闘さんが出場停止となると、
浦和の今の厳しい守備の前では、しょっぱい感じになるかも知れません。

一方、守備に関しては、結果的に決壊はしてませんでしたが、
柏戦などは、両SHが高めのポジションを取る相手両WBに付いて行って、
なんか6バック気味で、その前に不安そうなボランチがうろうろといったシーンも。
柏の両ストッパーが浦和のようにひょいひょいお出かけになると。
バイタル近辺ががら空きになるんじゃないかと心配になりましたが。

それでも、前回のアウェイ戦でもあれだけ苦戦しましたし、
名古屋は何が何でも勝ち点3なので、迷いはないでしょうから、
思いきり攻撃的に来られると、どんな展開になるかわかりませんが。

浦和の方は、逆に元気の壮行試合以上でも以下でもありませんので、
思いきり、メンバー代えて来ちゃうかも知れませんし。

____阪野____
__元気__矢島__
関口______関根
__直輝__啓太__
_槙野_永田_森脇_
____順大____

一応、”ゴール駆け寄り隊”は残すとして。
甲府、怒るんだろうなあ。まあ、他力本願はいけません。

これからのきつい夏場に向けて、一人でも多く覚醒してもらっておかないと。
あと、元気がボール持ちすぎて、自滅しませんように・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito