【TV観戦記】ナビ杯GL第5節アウェイ新潟戦 順大引き継ぎ完了

TV観戦記
05 /24 2014
おうちで、大福もちかじりながら観戦。
美味しいもの、食べに行きたかったんだけどね。

浦和

____忠成____
__慎三__陽介__
ウメ______平川
__アベユ__カピ__
_槙野_那須_森脇_
____順大____

55分 忠成→矢島
61分 平川→関口
74分 阿部→啓太

元気はもう当てにされてないのかなw。
ウガがベンチにも入っていなかったのが気になりました。
特に困りはしませんが。

新潟

__川又__達也__
岡本______アトム
__小林__シルバ__
大野______松原
__マイケル__大井__
____守田____

61分 達也→小泉
66分 大井→宋
79分 岡本→武蔵

予想通りの現状のベストメンバー。
達也は予定通り60分で燃え尽きました。
代わりに入った小泉は大物感はなかったですがいい選手だね。
大井も小破で途中交代。


新潟の攻勢は想定の範囲内。
新潟の目を覆わんばかりの決定力不足に関しても想定内。
前半は30分でほぼ終了していましたが、
後半も粘り強く走り抜いていたのには感心しました。

結果が今一つ出てませんし、決定力不足で点も取れてませんが、
柳下さんは小細工せずに、4バックにて真っ向勝負。
縦への推進力は凄まじく、長く新潟の時間帯が続きました。

去年までの浦和であれば、前半に1~2点の失点は不可避でしたが、
今年は何とかかんとか、カウンターやパス回しで均衡を保ち、
何とかスコアレスでハーフタイムを迎えられた時点で安定軌道に。

達也が鬼神の如く、攻めに守りに奔走してましたが、
所詮90分やるつもりもないのでしょうから、あれぐらいやって当たり前。
むしろ、得点機を確実にものにする能力は、いまや啓太レベルだし。

浦和もりーくんやウメがしっかり決めていれば、
早々に勝負は決していましたから、他人のこと言える立場ではないですが。

徳島戦で醜態を晒した順大も、
むしろ序盤から危ない部分が連発したおかげで、逆にうまくゲームに入れ、
この日はMOM級の存在感を示していました。
クリーンシート引き継げてよかったね。
試合後に順大チャントを久々に聞きながら、心地よさそうでした。

次第に迫力を失っていく新潟に対して、
点が取れそうな気配があまりしてこない浦和ではありましたが、
慌てることなく、確実にタスクをこなして、時計を進めていきます。

周作がいなくても、ピッチ上の選手に慌てる様子は見られず、
頻発するCKのポジション取りの最中に阿部ちゃんはニヤニヤしてますし、
もう、勝つ気があるのかどうかも疑わしくなってきた土壇場の88分、
青木→啓太戻す→青木→矢島戻す→関口とつながって、
裏に走り込んだ陽介めがけたクロスを、大野が華麗なバックヘッドでOG。

あっけない幕切れでした。

新潟にはいつも苦しめられるし、思うようなサッカーはさせてもらえないし、
とてもじゃないですが、お得意様と言えるような存在じゃないですが、
最後に勝ち点が転がり込むのは、不思議と必ず浦和なんですよね。

吉田寿光という最終兵器をもってしても、浦和は止められませんでした。
(頼むから、さっさと引退してください)

グループリーグは残り2試合。
埼スタでの決勝は確かに譲れません。しっかり勝ち切って欲しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito