【観戦記】J1第14節ホームC大阪戦 桜の選択

観戦記
05 /18 2014
きゃ~!、フォルランよぉ~!、
などというライト層を取り込むことも大事だと思うようになりました。
そうやって、新しい客を継続的につかみ、サポーターとして定着させることが、
クラブの経営改善を、Jリーグの繁栄維持を実現できるのですから。

やっぱり、毎試合5万人来てもらって、美園の3番線開けたいよ。

しかし、一方で、いいサッカーを実現し、勝ち点を積み上げ、
タイトルを争いをすることが、サポーターの幸せならば、
それが、最優先されるべきなのではないかと、やはり思うわけです。

大宮戦の時にベルデニックについて触れましたが、同じことです。
セレッソが獲得すべきだったのは、本当にフォルランだったのか。

世間はセレッソのこの勇断を手放しで称賛しました。
リーグも協会もメディアも大喜びでした。
しかし、1人のスーパースターが加われば、何もかも手にできるなんて、
サッカー知ってる人は、普通、誰も思わんわな。

この陰で、クルピとの契約継続は叶わず、ポポビッチが引き継ぐことに。

ロマンチストのミシャとクルピは、相通じるものがあるのかもしれません。
9割はポポビッチへの嫌がらせですが、昨日、クルピへの敬意を示していました。
香川、清武、乾、家長、キム・ボギョン、倉田、柿谷、南野・・・。
あれだけ魅力的な2列目を輩出し続けた、実質2-4-4(笑)の攻撃的システム。
クラブは夢ばかりの指揮官では、これ以上前へ進めないと判断したのでしょう。
しかし、ミシャとは正反対の、リアリストのポポビッチには、
このセレッソの最大の魅力、ストロングポイントを引き継ぐことはできない。

そんな思いで、試合を眺めていました(どっちのサポだよ

浦和

____慎三____
__元気__陽介__
ウガ______ウメ
__アベユ__カピ__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

70分 ウメ→関根
75分 慎三→忠成
90分 元気→ヒラ

1トップやりたい慎三とシャドウやりたい陽介のせいで、
今節もりーくんははじき出されてしまいました。
で、涼しい顔して、もう何年もレギュラーやってるような顔の青木がw。

C大阪

____ホルラン____
南野______柿谷
__アーリア__山口__
丸橋______酒本
_カチャル_藤本_山下_
____ジンヒョン____

80分 酒本→安藤
82分 南野→永井
83分 アーリア→扇原

陣形は実質5-4-1。バス囲むレベルの尋常でないしょっぱさ。
前節は4バックでしたが、その前4試合で入念にテストを繰り返し、
チームのことより、ミシャをへこましたいだけだろお前、としか思えない、
機能もしないこのミラーゲームのためだけのシステムへの固執が、
本当に薄気味悪いというか、生理的に受け付けないわ。

ミシャは南野、柿谷押し込んで、フォルランを孤立させたと言いますが、
槙野と森脇は、そのキャラに反して終始自重気味であり、
そもそも、南野、柿谷の方が最初から左右に開きすぎていて、
フォルランがワンタッチでボール捌こうにも、渡す先がない始末。
前半シュートゼロも致し方ない。

広州遠征の影響と言っても、主力はほとんど観光目的だったわけですから、
そこは、しっかり走らないかんと思います。暑かったとは思いますが。
疑問だったのは、広州で扇原をフルに使ってしまったこと。
完璧に2ndレグ捨てていたわけですし(もう出るな)、
最初から浦和戦に照準合わせていたなら、扇原も埼スタで使うべきでは。
蛍の持ち出しと、扇原の縦パスがこのチームの生命線なわけですから、
扇原の欠場により、攻め手がサイドからに偏っていったのも仕方ない。

後半、南野の左足のシュートが対角線のきわどいところに飛んでから、
蛍や、南野や、最後にはジンヒョンの頭に(これが一番やばかった)、
ゴールマウスを脅かされ、少しバタバタした感はありましたが、
あれぐらい仕事がないと、周作も手持無沙汰ですし。

5試合連続完封の強固な守備陣を崩すだけの力は、正直ありませんでした。

まあ、初期設定を誤ったんだか、陽介のシュートが正確に枠に当たってましたが、
それでも、関根のスーパーゴールで勝ち切るあたりが浦和らしくないとか。
陽介のワンツー受けた時のトラップと、即座の左足の振り抜きには惚れました。
まあ、そのあと槙野たちにボコボコにされた傷が早く癒えるといいね。

とにかく、関根くん、初ゴールおめでとう!
なんとなく、しょうもない先輩を冷やかに眺める視線がいいわ。
元気ぐらいならすぐ追い越せるから、がんばれよ。

スコアはウノゼロが続いておりますが、ワンチャンスを生かすというよりも、
お前らいい加減決めろよぉ、の中の1点なんで、決して低品質ではないな、と。

だからこそ、選手、ベンチ、サポーターといったあらゆる関係者の方々に、
焦りがあまりなく、じっくりどっしり構えていられるのが一番いい。
点が入らないとピーピー騒いで、終いにはゴールで俺たちを云々と歌いだす、
そうした雰囲気が抑えられ、点なんて入るときには入るんだからぐらいな、
肩の力の抜けた落ち着いた雰囲気が、ポジティブな作用を生み出している。

ゴール裏で今年起きた情けない出来事を、見事にプラスに転化できている。
目先の点や目先の結果への執着が薄れることで、逆にそれらを手に入れられる。

いい感じじゃないですかね。

とりあえず、三日天下とは言われずに済みそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito