【展望】J1第14節ホームC大阪戦 クルピの残像

展望
05 /15 2014
半ば都市伝説化しようとしていた美園3番線復活への期待が高まる中、
ついに、旬の「セレ女」旋風で埼スタはソールド・アウト。
久々の、83,000人の大観衆ですね(そんなに入りません

まあ、客が多い時にはろくなことが起きないのが埼スタなんですが。

セレッソはうまくいっていない、と思っています。

クルピさんというのは、とてもよくミシャに似ています。
攻め倒していれば、守りなんか何とかなるでしょ、的なベクトルが。

セレッソの恐ろしさは、その結果オーライ的な守備のことは気にせず、
前に前にボールを運んでいくことで、結果的にバランスが保たれること。
CB以外は、SB、ボランチ、前の4人の攻撃センスが図抜けていて、
ちょっと、どこに蓋したらいいのか、どの元を断ったらいいのかわからん、
そんな手の付けられないサッカーで、昨年末も玉砕させられました。

まあ、あれは浦和の自滅でもありますが。

だから、逆に凡人が常識的な手の加え方をすると、何もかも失う。
ソアレスもそうでした。ポポビッチもそうなりそうな気がします。

今も、セレッソの攻撃センスは健在ですが、それはクルピの遺産。
ポポビッチが彼らに植え付けたものとは、あまり思えない。
むしろ、凡人にはそのわきの甘さが気になるので、バランスを改善する。
とたんに、彼らの輝きが失われる。

名古屋戦

____ホルラン____
__南野__柿谷__
丸橋______酒本
__扇原__山口__
_藤本_染谷_山下_
____武田____

この試合も含めて、浦和戦に向けて?4試合も練習、1勝1敗2分け。
攻め手が一人減っただけの、腰の引けたシステム。

仙台戦

____ホルラン____
南野__柿谷__アーリア
__扇原__山口__
丸橋______酒本
__藤本__カチャル__
____ジンヒョン____

仙台とミラーしたかったのか、山下の出場停止で3バックあきらめたのか。
暑いのもあってしょっぱい展開に。
終盤に佐々木、赤嶺、りゃんとつながれて、あとは守られ完封負け。

その前後の広州戦は、ホームで大負けして、アウェイは消化試合。
何がしたいのかわからない、ちぐはぐなシーズンが続いています。
こんなつまらん状況なのに、喜んで足運んでくるんですから、
セレ女がサッカー見てるかどうかは、極めて疑わしい限り。

浦和にはおそらく、瓦斯時代に味をしめた3バックをぶつけてくるでしょう。
広州でフル出場した扇原のところに、アーリア入れるぐらいでしょうか。
PA内では、特にフォルランなど確実に決定的な仕事をしますが、
しっかりパスの出所を摘んでいけば、今年のセレッソには厚みはないので、
抑えられるんじゃないかと思います。

浦和はダービーのメンバーと同じかな。忠成にチャンスを与えるのかな。
いずれにしても、テンションを落とすことなく、
ソウルや広州相手にするつもりで、しっかりゲームを進めて欲しい。

他クラブのACLでの体たらく。歯がゆいばかりのJの現状。
もう、こんなところで寄り道している時間はないです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito