【観戦記】J1第10節ホーム横浜戦 もう一度やり直し

観戦記
04 /30 2014
雨が降りそうで降らなくてよかった。
試合前から徳島の爆弾処理に成功した甲府への賞賛の嵐が。

GWというのは負けようが勝とうが、
次から次へと試合がやってきますので、引きずらないのが一番。
潰し合いが増えますが、うまく乗り切れば一気に上昇できるし。

浦和

____忠成____
__元気__慎三__
ウガ______ヒラ
__アベユ__陽介__
_ミッツ_那須_森脇_
____周作____

水輝に代わって、俺たちのミッツさん登場。もううっかりしません。
右にはバランス取らせたらチーム一番の平川さんで脇固め。
4月にリーグ戦で1点も取っていない横浜ですが、
そういうチームに大判振る舞いする伝統芸能を封印できるか。

横浜

____藤田____
兵藤__俊様__藤本
__小椋__三門__
トラ______ナラワ
__中澤__栗原__
____榎本____

前節より5人変更。まあ、いくらなんでも舐めてませんかね。
もうサイスタのジンクスぐらいしか頼れるものはないんですから、
この試合にベストメンバーを揃えてくるべきだと思いますが。

試合の方は、完勝だったと思います(雑な総括)。

ミッツが左?と思ったら、阿部ちゃんが柏の大谷っぽく左に落ちて、
センターを那須・永田で構成するバックラインは安定感抜群。これありだわ。
横浜も、いつまで二流のFWにワントップ勤めさせるのかは知りませんが、
いくら2列目が優秀でも、フィニッシャーがいなければゴールの匂いはしません。

おまけに最近さらにピッチ上を逃げ回る俊様が、
ゴールから遠ざかってくれるのは、本当に助かるんですが、どうなんでしょ。
おまけに、生命線である推進力抜群の中町・富澤不在となれば、
得点力がどん底の横浜は、ノーチャンスとしか言いようがない。

横浜の最大の得点機は、ミッツの左に外した惜しいシュート(笑)でした。

浦和も1点だけでしたが、チャンスはそこそこ作れていたと思います。
あの時間帯での、李のドンピシャヘッドだけで十分。
先制後の横浜のラッシュも、年のせいか5分と持たず、再びこう着状態へ。
去年、全てを出し切っちゃったんですかね。

とは言っても、リスクを消しながら、2点目を奪うカウンターの精度は問題。
強いクラブは、ここからきっちりとどめを刺しますが、うちには出来ない。
難しい課題ですけど、次はそこら辺を何とか。ウノゼロはやっぱり怖いです。

ただ、こういうしっかりしたゲームが続かないのも浦和。
今後も、柏戦のような変な打ち合いに持ち込まれなければいいのですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito