【展望】J1第7節アウェイ名古屋戦 鯱さんは発展途上

展望
04 /09 2014
前節の名古屋。

__ケネディ__玉田__
小川______矢田
__田口__磯村__
本多______刀根
__闘サン__大武__
____楢崎____


広島には惨敗してしまいましたが、
よくよく試合を見てみると、悪くないような。
コンパクトな4-4-2で、攻守の切り替えが速いし、
FW、CB、GKに頼りになるベテランがいるうちに、
名古屋の次世代の柱を作ろうという意図が見えます。

先発の矢田、田口、磯村、本多、刀根、大武、
途中出場の松田、怪我した小屋松、お休みの牟田。
ここら辺がものになってくると、ちょっと怖い。
西野さんは目先に拘っていない印象。

但し、現在地に関しては、決して楽観視できないかな。

4枚、4枚が間を詰めて、非常に小さくまとまるので、
速いサイドチェンジに、まだスライドが追いつかない。
両サイドハーフが真ん中に入ってきて縦パスを受けるが、
ボールを奪われたときにポジションに戻り切れず、
SBが孤立してサイドが炎上するシーンも。

攻める方は、中央に偏った印象。
中央への縦の楔に拘り、サイドに出しても中に戻し、
闘莉王やボランチが、バイタルに入れた縦パスから、
PA内もしくは左右に展開する形に終始してました。

わざとかな。

だから、SHがサイドをえぐるシーンや
ボランチがドリブルで持ち上がる場面があまりない。
永井やダニルソンなら、できると思うんですがね。

広島のダイレクトパスと大きなサイドチェンジで、
最終的には崩壊してしまいました。
同じことが、浦和にも十分できると思います。
真ん中3人のコンビネーションに頼り過ぎない方が、
いいかもしれません。

浦和はいつものメンバーかもしれませんが。

____忠成____
__元気__慎三__
梅崎______関口
__阿部__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

でやって欲しいな、と。

サイドは相手も経験不足なので、炎上させちゃおう。
あとは関根と矢島が見たいなあ。

浦和のサイド攻撃がポイントになるような気がします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito