【TV観戦記】J1第4節アウェイ清水戦 関根がくれたヒント

TV観戦記
03 /23 2014
まあ、結果としては良かったんじゃないですかね。
勝っても負けても、なんかいろいろ言われそうでしたし。

テレビクルーががっちり構える浦和某所の居酒屋さんの2階で、
暗い雰囲気のかけらもないお気楽なお仲間とワイワイ観戦。
っていうと、反省の色がないと言われるんでしょうか。

浦和

____慎三____
__元気__ウメ__
ウガ______ヒラ
__陽介__啓太__
_槙野_那須_アベユ_
____周作____

右ストッパーは阿部さんでした。

清水

____長沢____
河井__ノバコ__大前
__六平__竹内__
石毛______吉田
__ヨンアピン_平岡__
____櫛引____

こう見ると、清水はユーティリティな子が多いな。
ゴツゴツ来るというより、技術が高いスマートでクリーンな印象。

浦和は気持ちが強すぎるのか、
チャンスにもフィニッシュに力が入り過ぎ、ラストパスもずれ気味。
相変わらずの決定力不足。

清水もCFにぶつけて寄せて、というのは変わりませんが、
バレー頼みの去年に比べると、攻めに絡む人数も増え、
なんか洗練されているんじゃないでしょうか。

長沢に競り負け、斜めに入ったノバコにつながれ、
クロスしてきた大前のシュートは周作がはじき返しましたが、
そこからのシュートコーナーで、ファーでどフリーの六平に打たれ、
ゴール正面で長沢に押し込まれてあえなく失点。

まだまだ、浦和の守りは信用できません。

しかし、その後の清水は、
吉田が2度のワンツーで抜け出したのが美しかった程度で、
去年同様、引きこもってのカウンター狙いに移行して、
結局、ほとんどチャンスを作れませんでした。

もったいないね。

一方、浦和もいつもの手詰まりで、一気に膠着状態に。

後半から、ミッツinウメoutで阿部、柏木がそれぞれ1列前に、
平川下げて、右サイドに関根を入れ、
後半途中には、リーくん入れて元気を左サイドに移します。

ここで、関根がひと仕事。

右サイドから粘り強くPAに切り込んでいき、
出したクロスがスクランブルになったところを元気がズドン。
何とか追いつくことができました。

その後も浦和の一方的展開でしたがそのままドロー。
なかなか突き抜けることはできませんでした。

今年の浦和には、ポジティブな変化が見られます。

守備意識が高まり、タイトなゲーム運びが出来始めていること。
柏戦、そして今日と、少し緩み始めてる気もしますが。

ミドルの意識が高まっている点。シンプルにゴール狙うのはいいこと。
相手にもパスとシュート両方ケアさせることで、隙はできるはず。
絶望的に、枠に飛ぶ可能性が低いのが難点ですが(練習しろ)。

ただ、これだけでは不十分。

今の浦和のストロングポイントって、セットプレイだと思うんですが。
陽介というすぐれたプレスキッカーがいて、マルシオもいつか帰ってくる。
そして、永田、阿部、那須、槙野がなだれ込めば、何か起こるでしょう。

華麗な崩しを目指すより、よほど可能性を感じます。

そのために、もう一つトライして欲しいのが、仕掛けること。
関根の見せたような、右サイドのえぐり方ができれば、
得点の匂いはより強くなりますし、
それを止めようとさせて、FKやCKが取れれば、これまたチャンス。

パス、ミドル、ドリブルの3つを、もっとバランスよく、
相手の嫌なチョイスがもっとできれば、引かれても攻略できるのでは。

粋のいい関根くんのプレイを見ながら、そんなことを感じました。

誰もいないスタンド、クリアに聞こえる監督や選手の声、
それはそれで新鮮な感覚でしたが、こんなのは1試合で十分。

次はスタジアムで。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito