【TV観戦記】J1第3節アウェイ広島戦 再出発

TV観戦記
03 /16 2014
森脇につける薬、募集中です。

浦和のスタメン

____慎三____
__元気__陽介__
ウガ______平川
__アベユ__啓太__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

広島のスタメン

____寿人____
__ノツダ__石原__
山岸______ミキッチ
__森崎__青山__
_水本_千葉_塩谷_
____木木____

いまだに、なんで広島が浦和に勝てないのか、
いまひとつ、よくわからないのですが、
特に寿人とミキッチがうまく消されるんですね。

ガンバ戦同様、さして頑強とは思えないものの、
軽はずみにバランスを崩すことなく、
焦れずに辛抱強くチャンスを待つ今年の浦和は、
相手の良さを封じ、実力差を結果に反映させられる、
勝ち点を積めるチームへと変貌しつつあると思います。

まだ、信用してないけど。

失点せずに先行されずに均衡を保っていれば、
このチームは確実に1点をもぎ取れる力があります。
残り5分になろうと、ロスタイムになろうと、
焦らずに恐れずに、今のスタイルを貫いて欲しい。

試合が多少つまらなくなっても構わないです。
よそのクラブの試合ならともかく、
自分のクラブの殴り合いの試合は好きではないので。

選手が入れ替わっているのもいいこと。
2戦目ではミッツと水輝が先発に入り、
3戦目では那須、ヒラ、啓太が復帰。
前線の組み合わせもバリエーションが増えており、
これで、夏場の失速が最小限に抑えられればいいね。

元気の気持ちで叩き込んだダメ押し点。
ああいうのは、大将よりも永井がよく決めていたね。
今回の問題でも人一倍心を痛めていたのかな、と、
ゴール裏に駆け寄る彼の表情見ながら思っていました。

この勝利は大きいとか、特別だとか、
そういう一喜一憂はしたくないんです。

去年も、勝ってこれから、と思うたびにこけていた。
勝ったことは、さっさと忘れて次の試合に向かう。

順位が上がったとか、トップとの勝ち点差だとか、
2試合目の完封だとか、広島の4連勝だとか、
正直、どうでもいいかな。

年間通して、クールでいて欲しいね、いろいろ。

再出発の試合で、きちんと結果を示し、
無観客試合という心の痛いイベントを乗り越えて、
新しい”URAWA”はまだ始まったばかり。

いい年に、できたらいいな、と思います。

だからこそ、森脇につける薬、はよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito