【観戦記】J1第2節ホーム鳥栖戦 寒かったです

観戦記
03 /10 2014
結構、ポジティブな印象を持っているんですが。
とにかく、寒かったです、いろいろ。

浦和のスタメン。

____慎三____
__元気__ウメ__
ウガ______森脇
__アベユ__陽介__
_槙野_ミッツ_水輝_
____周作____

鳥栖のスタメン

____豊田____
キムミヌ__池田__早坂
__藤田__谷口__
安田______丹羽
__呂___菊池__
____木木____

水輝が右ストッパーで森脇が右SHに上がりました。
鳥栖の安田と金が並ぶ左がストロングポイントと見て、
守備的にしたのかもしれないが、守備的になってないw。

水輝と森脇のマークの受渡しの拙さによって、
易々と安田に右サイドを抉られて、
相変わらずわかりきっているフィニッシャーを抑えきれず、
あっさりと豊田に叩き込まれた先制点については、
去年から何の成長もしていないと感じさせるシーンでしたが、

それでも、この試合の鳥栖の決定機はこれだけ。
守備に関しては格段に整備されてきている気がします。

少し、左サイドをリスペクトしすぎたような気がします。
むしろ、司やクニくんらで攻め倒して、
攻撃に特徴がある鳥栖の左サイドに後手を踏ますような、
そんな考え方もあったんじゃないかな、とか結果論。

去年までのバクチのような腰の軽いサッカーよりも、
こういうサッカーの方が、個人的には貫いて欲しいと思ってたり。

ただ、今年に限ったことではなく、このチームの気がかりな欠陥は、
多くの選手が攻撃に絡もうと意識させ過ぎていることではないかと。
逆に、少ない人数で攻め切る、決め切るという覚悟が足りない。

常に誰かを探しているような、誰かを待っているような。
だから、守備に重心が移ると、攻撃の迫力が失われる。
狭い局面を打破するのって、美しいパスワークじゃないと思うのですが。

全員攻撃、全員守備などはとても聞こえはいい言葉ですが、
帰陣が遅れて、追うのを諦めて、あっさり失点するシーンを繰り返す、
去年のチームがどう変わろうとしているのかは、いまだ不明です。

まあ、ミドルも多めに打ってたし、陽介の散らしも秀逸でしたし、
チュンくんの左足ボレーは、あさっての方向でしたが美しかった。
みな、考えるところはあるでしょうから、答えは見つけてくれるでしょう。


淡々とスタジアムに来て、淡々と去ってしまいましたので、
わずらわしいピッチ外のことは、ネット上でしか知りえませんでした。
熱烈と傲慢を履き違える、サポーター気取りの方が、
分母が大きいとはいえ、後を絶たない状況は残念としか言いようがない。

スタジアムに来るのは、”オンリー浦和人”にして欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito