【TV観戦記】J1第1節アウェイG大阪戦 冷たいナイスゲ-ム

TV観戦記
03 /02 2014
華やかな開幕戦にはそぐわない、冷たい雨の中の降る万博のピッチ。
相変わらずホームアドバンテージをぶち壊す現地組の方々、乙でした。
今年で見納めの万博ですが、いやいや何の感慨もないですね。
関西の方々は頑張って寄付増やして、次は屋根つけてくださいね。

浦和のスタメン

____慎三____
__元気__ウメ__
ウガ______ヒラ
__アベユ__陽介__
_アリー_ナス岡_パイン_
____周作____

ウメは好調なんですかね。ミシャの信頼がうかがえます。
もうちょっとボール支配できず、カウンター意識したのかもですが、
それにしては攻撃的メンバーですから、むしろリーくんは、
貴重な後半のギアチェンジ要員という位置づけなのかも知れません。

ガンバのスタメン

__ガチャ__佐藤__
二川______倉田
__今野__内田__
藤春______加地
__丹羽__岩下__
____東口____

怪我明けの選手を無理して使っている感じはあります。
遠藤は、まあ前線をうろうろと。

気候のせいではないんでしょうが、
浦和がいい意味で、冷たい試合をしてくれたなぁ、という印象。
点を取れなくても焦る様子もなく、リードしても慌てる様子もなく、
淡々と全員がタスクをこなしていたように見えました。
無理に攻めに人数かけてバランス崩すこともなく、
後半のガンバの攻勢に、しっかりと5-4-1のブロックを構成し、
危なげなく逃げ切る姿は、去年には見られなかった光景でした。

結果を示してくれた試合でした。

ガンバは宇佐美の穴がやはり大きかったと思います。
これまで中盤固定で前線に化け物を獲得するのが基本方針でしたが、
今のガンバはFWの決定力という点では、宇佐美がいないと並のチーム。
決して浦和の守備が堅固だったとは思えませんが、
劣化の進むガンバの中盤に、前線の力不足を補う力はありません。

長谷川健太の作る、バランスの良いガンバは、
新たにJ1の中位を彩るひとつのクラブにしか見えませんでした。
大森、内田といった若手は確かに有望ですが、
かつての黄金期のレギュラーに蹴散らされていった若手に比べ、
特別に才能があるという感じもなし。

浦和が盤石なわけでもありませんので、贅沢も言えませんが、
昔ほど、うれしくないんだな。

でも、クラブ史上初の開幕戦完封勝利(笑)
本当にいいスタートが切れました。

派手な点の取り合いもいいですが、
こういう試合の方が、サポーターの腕の見せ所、という気もします。
だから、こういう試合は結構好きですね。

爆発力は、爆発できるときに発揮すればいい。
爆発しない方がいい試合も、多々ございますので。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito