浦和の序盤戦十大ニュースを考える(blog版)

浦和レッズ
06 /02 2013
昨日のtwitterは面白かったですな。
けやきさん、まとめお疲れ様です。

しかし、短い間にいろいろありましたなあ。
僕的に選ぶと次の10点ですかな。
順位はつけられないなあ・・ばかばかしくて。


・森脇車を雪中より救出

選手、サポが一丸となって、新加入選手をさせるという美談。
そこに至った経緯のバカらしさと合わせ、心に残る出来事でした。
入団会見は、しゃべり過ぎです。

・元気、肝臓をやられる

長いこと新橋に勤めていると、
肝臓がいかに大事かということは、否が応でも学ぶわけですが、
元気も、これでまた一歩大人になったと言えるのではないのでしょうか。
いったい、何歩進んだら大人になってくれるのかは見当つきませんが。

・元気、「戦」の字を知る

今年もがんばるウイダイ合唱会での貴重な体験。
謎の2シーズン”制”反対ダンマクも登場したことにより、
フロントは、漢字ドリルの制作に着手せざるを得なくなりました。

・オフサイドに寛容になる

審判には従わないといけません。

・ザックが芝しか見に来ない

まあ、僕は3バックの勉強に来ていると思っているのですが、
ピッチ上は2バックと5バックの併用なので、あまり役に立たないかと。
ジーコ同様、単なる浦和サポウォッチャーなんじゃないですかね。
引き続き、こっち見んな、と言っておきます。

・慎三、サポの愛を理解せず

とっくに認めてる選手が、認められようと努力をやめない場合、
どうやって止めたらいいんでしょうね。

・陽介がまともに見えてくる

来たときは、調子乗り世代の代表として、
大人しいうちの連中を引きずり回していた印象があるのですが、
あのような珍獣2名が入ってきますと、・・・ねぇ。

・社長と意見が合う

まったく、隔世の感があります。
石の上にも3年です。
よく、アウェイのスタジアムで、石の上に座ってサポと話してますね。

・順調おばちゃん、後継者育成開始

これまで、殺気立つ駅前で孤軍奮闘の様相でしたが、
直近では、50m前に1人、30m後ろに1人と3ラインを形成し、
先日は若いツバメもゲットしていました。
向かうところ敵なしです。

・モノノフ、横アリに出陣

レギュラー固定で控えグループが存在感を失いつつある中、
彼の勇敢な出陣姿は、清涼感あふれるスマッシュヒットでした。
是非、貫いて欲しいものです。


まあ、ともかく、移籍組が馴染み過ぎ愛され過ぎの序盤戦でしたが、
やはり、うちの「若」は、コンスタントにネタ提供してくれます。
さすが、開幕前にもやもやして、
心配かけたらあかんねんで、と諭されただけのことはあります。

ポジティブだらけの明るい2013年シーズン、
まだまだ、お楽しみはこれからですね。


アウェイ開幕初勝利とか、メモリアルゴールとか、
ACLの激闘とか、2位驀進中とか、

そういう話はどこ行っちゃったんでしょう・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito