【展望】J1ホーム磐田戦 自分のスタイルを貫かないとね 

展望
04 /05 2013
なにはともあれ、天気大丈夫なんですかね。

最近の磐田のイメージ。

__前田__金園__
__山田__小林__
宮崎______駒野
____ウヨン____
_イノハ_チョ__菅沼_
____川口____

大分と似ていますね、システム。
このシステムの肝は、チョ・ビョングクとチョン・ウヨン。
2人の韓国人がセンターラインをしっかり固めています。

攻撃は、前の4人にどちらかのSHが絡む形。
SHには2人の山本が入っても、クオリティは下がりません。

正直言って、デスゴール前田は、今はブレーキでしかない。
エースとはいえ、外された方が逆にやりづらいかな。

本人はデスゴール報道と相手マークに憔悴しきっている模様ですので、
正直、余り怖くないですし、決められてもエンゼルゴールだそうですし。

むしろ、前田をうまく使う金園の動きは要注意。
隙あらば飛び込んできますから、悠長なビルドアップなら掻っ攫います。
山田に関しては、これはもう、磐田の宝ですね。
ドリブル、ミドル、どれを取っても一級品、自由にはできない。
小林も、昨年最終節でガンバを葬ったゴールは秀逸でした。

要するに、前田以外の3人が怖い。

勝ててないとはいえ、清水とかとは事情が違います。
このチームは侮れません。

一方、浦和はどうするのか。

____興梠____
__元気__柏木__
ウガ______梅崎
__阿部__啓太__
_槙野_那須_森脇_
____順大____

休ませられなかった2シャドウと2ボランチ。
順大の不調、興梠の決定力。

不安は尽きませぬ。

水曜日の敗戦は、かなりダメージの残るものだったと思いますので、
メンタルの部分、戻せているのかな。

磐田もおそらく激しいフォアチェック、ギアチェンジを、
どこかのタイミングで仕掛けてくるのではないでしょうか。

そのときに、那須をセンターにおくビルドアップが機能するのか。
まったく、かつての精度を失った順大のフィードが、機能するのか。
セカンドボールを奪われまくって、劣勢を強いられるのではないか。

不安は尽きませぬ。

とはいえ、火曜日の試合に向けて、勢いをつけなければいけないところ。
しょぼいサッカーするわけにいかんもんね。


磐田はよく繋いできますが、フィニッシュの部分での前田の不調が、
現在のチーム状況に少なからず影響を与えていると思います。
多分、きっと気持ちの優しい人なんでしょう。
自分がゴールすることで降格という不幸を背負ってしまうかのごとく喧伝されれば、
プレイでの積極性が鈍ることもあるのかもしれません。

浦和なら、きっとこのジンクスを乗り越えてくれる・・・。

そんな風に思わないでね・・・ネタクラブなんだから。
次の清水でお願いします。

浦和は大分戦を境に、後方でのビルドアップに自信を失っているような気がします。
少しずつ判断が遅れ、それが原因で囲い込まれるのが早く、
縦に有効なパスを打ち込めない状況が続いています。

それでも、信じてやるしかないじゃん。

今は、練習でやっていることを、そのままピッチで表現するだけです。
失敗は許される時期なんですから。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito