【TV観戦記】J1第2節 東京3-0柏 雑感

Jリーグ
03 /12 2013
注目カードだったもんで、つい出来心で観戦。

まったく機能しない3バックをいともあっさり放棄して、
ACL、リーグ戦ときっちり結果を残すあたりに、
ネルシーニョという人の凄みを感じてしまうわけですが、
だからといって、今年の柏が上出来かというと、非常に疑問なわけで。

今の柏の最大の懸案事項は、SBなんじゃないかと思われ。

そもそも、橋本の離脱の影響は小さくなく、
増嶋は専門外だし、山中に大きな期待をするのは酷というもの。
で、右のキム・チャンスは、まだ韓国代表の看板倒れの状況で、
最終的にフィットするかどうか知りませんが、時間のかかる雲行き。

外人さんの瞬間芸で、なんとかかんとか勝ち点は手にしましたが、
(まあ、浦和もずっとそんなサッカーだったわけですが、)
一昨年の手を付けられないようなチーム全体の連動性はないわ。

この試合も、得意のサイドを基点とする攻撃を仕掛けようとしても、
右は千真・アーリア、左は東・ルーカスに挟撃され、
やっとこさ工藤や狩野に通しても、SBとボランチのスライドで潰され、
ボールはSH、SB、CBの間を往復するだけで、真ん中に通らない。

米本・高橋に強烈に監視され続ける大谷・茨田に打開策はなく、
孤立するクレオとレドミへの苦し紛れのロングフィードはすぐロスト。

ポゼッションはしているものの、決定機の数は一向に増えない。
瓦斯さんの守り勝ちですな。

狩野がね、まったく役に立たなかった。これはもう実力不足。
工藤も、PAの中でのワンタッチプレイが持ち味だと思うんだけど。
TJだって、ウィングじゃなく、ゴールにまっすぐ突っ込んだ方が怖い。
2トップにされた方が、レドミのおもちゃが増えるし、怖いと思うけど。

4-2-3-1で喜ぶのって、澤ぐらいでないかなぁ?

でも、今ピークである必要ないですしね。
クレオとキムが調子こいてきたら、手が付けられなくなるわ。

一方、梶山抜けてざまぁ、とかとんでもない思い違いでした。
瓦斯さん、こりゃ本物だわ(鞠さんと違って

徳永が右に固定されて、ボランチが固まって、
さかなくんがフィットして、千真が覚醒して、
なんとなく、レギュラーがガッチリ固まった感じがします。
これで、後半になると、忠成や石川が出てくるって勘弁して欲しいわ。
チョチョチョビッチさんの出る幕ないやんけ。

まあ、どんなに強くても、なんかどっかでずっこけてくれるのが、
瓦斯さんの愛らしいところではありますが(他人のことは言えない

柏はともかく、今の瓦斯さんとはしばらくやりたくないね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito