【ACL広州遠征】 広州散策(その1)

ただの日記
03 /01 2013
人口1000万人を超える中国第三の都市は、やはり活気がありますな。

宿泊先は、広州駅より地下鉄2号線で南下して7つ目、昌崗駅すぐ近くにある珀麗酒店。
酒店は酒屋ではなくホテルの意味だそうです。結構、大きなホテルでした。
後援会ツアーの方も泊まってましたし、試合前日には広州恒大の選手がいたという情報も。

テレビでは、ひとつスポーツチャンネルっぽいのがあって、
随分と手厚く、プレミアのダイジェストやってました。本当にプレミア好きなのね。
後は国内リーグの試合中継、ごくたまにバスケットボール。

浦和と広州のACL開幕戦も注目度が高いのか、何度も記者会見や練習風景が映っていました。
阿部ちゃんのたどたどしい日本語が、流暢な広東語に吹き替えられてたw。

試合翌日は朝6:30出発でしたが、その頃には微妙に音楽に遅れるエアロビクス番組が、
延々と流されていて、かなり萎えました。

a.jpg b.jpg
c.jpg d.jpg

地下鉄は、料金が2元~4元(30円~60円ぐらい?)とお安く、たくさん走ってるし、とても便利。
SR初乗り料金で、どこまでも行けますよ。
表示もわかりやすく、駅もとても綺麗で、ホームドア完備と、日本よりよっぽど進んでる。
切符は、コイン状のICチップが販売機から出てきて、
入口では改札機にかざし、出口でコイン投入口へ。

1日目は深夜到着、3日目は早朝出発なので、外をほっつき歩けるのも試合当日のみ。

てなわけで、朝一番で出動しましたので、通勤ラッシュも体験できました。日本ほどではない。
割り込み天国のマナーの悪さとかも気にしてましたが、日本の誇るおばはんたちと変わらんね。
各々、スマホに夢中なとことか、日本の風景と大差ないわ。

e.jpg f.jpg
g.jpg h.jpg

昌崗から8号線で東に向かい、客村で3号線に乗り換えて、赤崗塔へ。
広州タワーは生憎の雨で、下の方3分の1ぐらいしか見えなかったので華麗にスルー。
そのまま、赤崗塔からAPM線で体育中心南で降車。戦場となる広州天河体育中心に潜入。

どんな厳戒態勢かと思いきや、ダンスやってる若者と、太極拳やってるご老人とで、
なんとも緩やかな時間が流れておりまして、鍋とかやってても危険ないんじゃないかと思うほど。

天河地区は新しく発展したオフィス街で、道路は太く、まっすぐに区画整理されております。
びっくりするような大きなビルも立ち並び、多くの外国企業もここに集まってます。
うちの会社の広州現法も、スタジアム至近に位置しており、フイタ。

丸の内の真ん中にスタジアムがあるようなもので、観客動員には最適です。

i.jpg j.jpg
k.jpg l.jpg

林和西から3号線で南に1駅、体育西路で1号線に乗り換えて西へ、
公園前を通り過ぎて黄沙まで移動。
ここには西関大屋と呼ばれる古い町並みと、
沙面という、まあ、長崎の出島みたいな地区があります。
天河が新しい広州の象徴なら、こっちの方は古い広州の象徴なんだろうな。

時間がないので沙面を散策。洋館が立ち並ぶ上品な雰囲気でした。
古くから交易が盛んなことから、こういう建造物が残ったんでしょうな。

m.jpg n.jpg
o.jpg p.jpg

海珠広場近くで、仲間と飲茶の約束してたので、そのまま珠江沿いを徒歩で西に移動。
想像してたほど大きな川ではないけど、黄河、長江と並び称される大河なんですよね。
中国の川らしくしっかり濁っていて、何が楽しいのか観光船が多数プカプカ。

q.jpg r.jpg
s.jpg t.jpg

とにかく、蒸し暑かった。Tシャツ1枚でも十分でした。でも、みんななんか羽織ってるんだよな。
でも、こんなに広大な土地持ってるのに、なんでオフィスも住居も、高い高いビルにするんだろう。
広州にいる限り、「貧しさ」を窺わせる人は見かけなかったなあ。みんな豊かな感じでした。
少なくとも、危険を感じたり、不快感を覚えたりするような街ではありませんでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito