【ACL広州遠征】サムライ料理人の助太刀

浦和レッズ
02 /21 2013
そういえば、去年、柏がえらい目に合ってましたねw。

頼んだ料理が出てこないわ、
選手バスが車に衝突して、スタ到着が遅れるわ。

本当に、カスみたいな国だな > 人民共和国

ホテルは自分で決めて、シェフも自分で連れて行き、
というのは、まあ、代表では結構当たり前のことかもしれませんが、
そこら辺、抜かりなく進めてる浦和のフロントはGJです。

つうか、ACLになると途端にやり手になるな、うちのフロントは。

鳥インフルの貴州や、もう腐界とかした北京に比べりゃ、
広州なんて、全然環境いいですし、
なんとかスタジアム辿り着ければ、こっちのものでしょ。

そんなわけで、しっかりがっちり、食事の確保。

浦和、中国アウェー対策!サムライ料理人が参戦

ありがたいありがたい。
人間力あたりが、ウンチクたれそうな話題ではありますが、でも大事大事。

で、その西さん。

福島原発の作業員を支えるサムライブルー専属シェフ「西芳照」の生き方

Jヴィレッジの総料理長してて、W杯ドイツ大会予選から代表に帯同し、
震災時は800人の被災者に、炊き出しで暖かいものを提供し続け、
福島原発の収束に向けて活動する作業員を支えるレストランをオープンし、
著書「サムライブルーの料理人」の印税は、全て南相馬市に寄付。

立派な方だな。真似できないや、同年代だけど。

僕も、西さんのパスタ食ってみたいな(槙野推薦

こんな人に助けてもらうのは幸運なことですし、
その幸運に応えるるためにも、前に進まなきゃね、うちら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito