2013年の浦和が見えてきました(3)

浦和レッズ
01 /07 2013
ACLに備えて戦力を分厚くしているわけですが、
はたして、ミシャがそんなに選手を
とっかえひっかえできるかということが気になるわけなんですが、

リベロはミッツさんと、気候のいい時の暢久さん、あべゆもできる。
ストッパーは槙野、森脇、控えにツボと那須。
ここら辺は、スムーズに使い分けできそうな気もしますが。

ボランチのあべゆと啓太に、秀仁がどこまで迫れるかですが、
去年は水をあけられるばかりですし、野崎は圏外。
那須が対応できないかなというのもありますが、
この商売、確変なければ啓太でも厳しい難解な@ポジション。

あべゆの失速とともにチーム成績を落としたこともあるので、
本当は長谷部にでも戻ってきて欲しい所なんですが。
啓太もキャリアハイではなかろか、というほどの去年の輝きが、
今年翳ってしまうようでは、苦しくなります。

一方、SHは比較的人材がそろってきたというか、
平川、ウメ、ウガ、野田に関口が加わり、一安心。
峻希やこたつの去就も気になりますが(はよ返せ)、
まあ、戻ってきても試合に出られないのであれば、J2あたりで、
去年のように、残留に貢献しててくれてもいいかな、という余裕。

左右を高次元でこなせるようになったウガの残留は、とても大きい。
ウメはどんどんシャドウで使って、陽介あたりを突き上げて欲しい。

ボランチとともに、問題となりそうな前の3人。
結局、3人でごちゃごちゃ攻めるしかないんでしょうな。

ニヤニヤくんにはすくすく育って欲しいね。次の五輪のエースだし。
後ろだと危なっかしい直輝がいつ復帰できるか、フィットできるか、
前より、絶対的存在ではなくなっているので、
子育てに専念せざるを得ないような事態だけは避けて欲しいね。

で、今年の話し相手が未定の状況ではありますが、
マルシオには、去年前半並みの仕事してもらわないと困る。
元気、興梠、陽介、たまにウメらが軸になるんでしょうが、
レベル的には、そんなに差がなさそうなので、
コンビネーション作るのも大切ですが、いろいろ試して下さいな。

新戦力が馴染むのに、時間がかかりそうではありますが、
主力が抜けたわけではないので、ベースはしっかりできておりまして、
ACLに向けてプラス要因しかない、楽しみな布陣ではあります。

あとは、イブラヒモビッチかドログバが来れば完成です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito