【TV観戦記】J1アウェイ新潟戦 暑かったのかな

TV観戦記
07 /15 2012
ビッグスワンお休みは5年振りだわ。
次あたりから、アウェイ復帰できるかな。

やはり、テレビだとどうもよくわからんわ。

守備的だの攻撃的だのということではなく、
特徴のある、でこぼこしたチームの対策練るのは簡単で、
特徴のない、つるっとしたチームはとっかかりがないんかね。

ミシャのサッカーというよりは、
スカウティングが嵌るか嵌らないかが、はっきりしています。

最初から激しくなるというのは、ミシャの見立て通り。

新潟の厳しいディフェンスの終始手こずる浦和は、
なかなかゲームを自分のペースに引っ張り込めませんでした。

セカンドボールへの出足は遅いし、マイボール時にも動き出しが遅い。
現地の高い湿度のせいなのかな、まあ、夏場はしゃあないか、とか。

後半30分ごろの2枚替えあたりから、
新潟の運動量がガクッと減り、攻めてもミス連発を始めたので、
正直、こりゃ勝ったわ、と思ってたんですが、
それまでは、どちらかと言えば新潟のゲーム。
新潟に正確なシュート力があれば、危なかった。

うちが決められないのは、今に始まったことではないので、
まあ、ドローも受け入れなければいけない結果なんだと思います。

ドローは勝ち点2も失っているわけなので、
「負け知らず」などという言葉に何の価値もないわけですから、
次は、相手がどこだろうと勝たんとね。

それにしても、J1、難しいっす。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito