【観戦記】J1ホーム鳥栖戦 浦和で輝け

観戦記
07 /08 2012
また雨だったな、・・・おいニート、聞いてんのか、コラ。

それにしても、まだ埼スタの雰囲気に飲まれるとかあるんですね。
そうとしか思えないほど、アウェイの鳥栖は委縮しているように見えた。
豊田へのロングボールは、悉く槙野やツボに跳ね返され、
セカンドボールへの出足も、浦和より一歩遅い。

前半の鳥栖は、今まで見たことないほど躍動感がありませんでした。

セレッソ戦から若干上げ気味のバックラインはこの日も機能し、
いい距離感を保っているから、パスもよくつながった浦和。

特に先制点のシーンも、ダイレクトのつながった素晴らしい崩し。
ヒラ・丸塩・陽介の崩し、ヒラの柔らかいクロス、
元気の美しいボレー、そして逆サイドからきっちり詰めたウメ。

きっと、フィンケもこういうサッカーしたかったんじゃないかな。

前半、ほかにもチャンスはあったものの、相変わらず決め切れず。
ツボのバックヘッドが決まっていれば祭りだったんだがな。

とんでもない土砂降りとなった後半入ると、怒涛のゴールラッシュ。

2点目は鳥栖CKからのカウンター、陽介のパス一発で、
快足飛ばしたヒラが、GKとの1対1を制して、見事にゴール。
一人で抜け出して決め切る奴なんて、エメ以降は永井ぐらいだったな。

3点目は、ピッチ中央でのパス交換から、一気に丸塩と陽介が抜け出し、
元気とウメもフォローする4対2の数的優位、
ゴール前に駆け込んだ丸塩がその2人のDF引き付けて、
右裏から入った元気が、冷静に浮かしてゴール。

4点目は、啓太が右に展開、ヒラがトラップ一発でDFを置き去り、
ヒラのクロスをDFがクリアしきれなかったところを陽介が右足でシュート、
ゴール前で元気が触って、ゴールネットを揺らしました。

この日は4点とも右からの崩し、ヒラのセンスが光りました。
陽介はもう別格、必ず点に絡む彼は、いまや日本一のファンタジスタ。

そして、元気。

相変わらず泣き虫だし、相変わらず力み過ぎですが、
サッカーの神様が、少しだけ彼に微笑んでくれた試合でした。

彼のような、感情が表に出る奴、一生懸命な奴は、
いかにも浦和のチームメイトにも、サポーターに愛されるタイプ。
同じ無念を抱えた先輩も、たくさんいるし(妙に多いな・・
彼には、帰る場所がきちんとあるのです。

だから、今は浦和で輝けばいいよ。


必ずしも、今回の大量点は、浦和の出来だけの問題ではなく、
スリッピーになり、あちこちに水が浮いてボールの動きが不規則になった、
難しいピッチコンディションが影響していたのかもしれません。

だからこそ、そのあとの鳥栖の大反撃もあったわけで。
ミシャも、この日はゴールしても全然喜んでいなかったし、
難しい試合になることを予見していたのかも知れません。

それにしても、高齢化の進む浦和ゴール裏にとって、
非常に心臓に堪える試合展開でした。
2~3人逝っちゃったかと思いましたが、救急車来てませんでしたね。

とにかく、勝ちゃあいいんです。


17節を終えて勝ち点30。上出来な前半戦。
攻撃の形も見え始めた。守備の課題も少しずつ改善しつつある。

悪くないんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【観戦記】J1ホーム鳥栖戦 浦和で輝け】

また雨だったな、・・・おいニート、聞いてんのか、コラ。それにしても、まだ埼スタの雰囲気に飲まれるとかあるんですね。そうとしか思えないほど、アウェイの鳥栖は委縮しているよ...