【TV観戦記】J1アウェイC大阪戦 FWは安物買ってはいけません

TV観戦記
07 /02 2012
最近、多方面から圧力を受けておりまして、
ちょっと、遠征がままならない状況でございます。

おまけに、役員退任シーズンのこの時期、
お世話になった方の送別会なんかも挟まって、
平日の広島戦も欠席だし。
ホーム行かないのって、2年ぶりですよ、まったく。

そんなときに限って、気持ちよさそうな試合で嫌になる。

で、この土曜日はと言えば、
仕方ないので子どもと東京ドームなど出かけてから、
おうちでテレビ観戦などというヘタレなスタンスでは、
あまり偉そうなこともいえないのですが、


正直、腹立ったわ、この試合。
ランコは即刻、故郷に帰れ!
(よい子はこんなこと言ってはいけないよ)


変な話ですが、現場にいると、結構客観的に見れるのですが、
TVの前だと、どうも情緒不安定で、喜んだり祈ったりで、
とてもではないですが、戦況を冷静に分析など出来ない性質で。
(普通、逆だろ)
狭い画面からでは、全体で何が起こってるかわからないし、
苛々が増幅して、家壊しそうになるんだな、毎度。

今回は、前半リードしてからは、
ひたすら順大大明神にお祈りしていたので、細かいことは知らん。

でも、ばてるのが少し早かったかな、浦和の方が。
これから、運動量を維持できない、キンチョウの夏がやってくるし、
それでなくとも、もう3年分ぐらい走ってる両SHとか不安だわぁ。

ただ、啓太のワンツーからのゴールは、見事でしたね。
鮮やかでしたね、スムーズでしたね、爽快でしたね、

・・・・・、あれ、本当に啓太か?

とりあえず、今年の啓太のゴールは終了いたしました。


セレッソはなんで、来る若手来る若手が悉く輝くんだろうね。
しかも、あれだけの才能が各ポジションで輝いてるにも関わらず、
勝ち点がまったく伸びないという点が、また素晴らしい。

ナビでもコテンパンにやられましたし、去年も永井で惨敗だし、
まあ、あまり勝てる気もしませんでしたが、
せっかく、年に1度のクーポン券を使ってしまった以上、
逃げ切りたかった試合ではあります。

数ある決定機を決められず、ゲームを終わらせることができなければ、
ああいう結果が待ち構えているのは仕方がないのですが、
それだけに、前線の決定力のなさが恨めしい。

タダでさえ不十分だった決定力を更に下げることで、
2011年度決算での黒字を手に入れることが出来たわけですが、
やはり、そこはお金使わないと。

決定力向上のための募金なら、協力してもええよ。
どこぞのスタジアムの建設費より、早く集まったりして。

ランコや元気だけが悪いわけではないけどね。
でも、これだけ補強ポイントがはっきりしている以上、
お金の使い方は、しっかり考えて欲しいものだわ。
今は、長谷部じゃないと思うよ。

お金があればの話だけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito