【観戦記】J1ホーム仙台戦 1位も17位も大差なし

観戦記
06 /24 2012
色々な人が、色々な見方をしている、面白い試合でした。

浦和の5バックでのリトリート戦術を、
悔し紛れにとやかく言う相手監督さんをよく見かけますが、
どこぞのドン引き専守防衛や、カウンター全面依存型とは違い、
最後方からボールつないで、フィニッシュまで持っていけるのが、
今年の浦和のスタイルです。

パスも、速いのも遅いのも長いのも短いのも、各種取り揃えているし。

別に、攻めることを犠牲にして守っているわけではありませんし、
結果的に、相手より決定的なシーンを多く作ることもよくあります。
「ホームで自陣で守備を固めることは、本当は想像していなかった」
などという監督がいたとしたら、スカウティング不足じゃないかな。

仙台は、角田が最終ラインに加わることで、両SBが高い位置取りをし、
ストロングポイントの両SHが真ん中を浮遊しながら、押し込む展開。
これを特に問題なく支えられたのは、両ボランチの出来が良かったのかな。

でも、押し込んでるだけで、抉られることもなかったので、
順大が肝を冷やすようなシーンは些少でした。

J屈指のセットプレイでのDFの弱さを誇る浦和に対しても、
仙台自慢のセットプレイでの殺傷能力は、今回は出し惜しみの模様。
高い位置でのボール奪取や、Jを席巻するサイド攻撃も、
浦和ごときに発動するのも惜しいのか、その片鱗も見えませんでした。

実際に、仙台がポゼッションで上回っていたのは事実でしょうが、
では、ゲームがどちらのものだったかというと、どんなんでしょうね。

終盤、4バックでボールを回すだけで、何ら攻め手を見出せない状態。
じれずにボールをよく回せた、ということらしいので
仙台の目指すポゼッションは、きっとああいうサッカーなんだろうな。

とりあえず、彼らも勝ち点1で御の字だったようです。

それだけに、勝っておきたいゲームでしたが、今の浦和ではまだ力不足。
交代要員のFWも役不足ですし、仙台の堅守を崩せるレベルではない。
まあ、ガンバのように勝ち点3にこだわって無理押しして、
逆襲食らって勝ち点差8に広げられるのもバカらしいしな。
ここで無理しなくても、どうせ落ちてきてくるんじゃないかなあ、
というのも正直な感想。なので良しとしよう。

西村主審のジャッジも、一部ご意見もあろうかと思いますが、
やりたい放題を野放しにした岡部なんかとは違い、
一定のゲームコントロールができていたのでは、と納得。
まあ、何か僕たちとは違うものが見えていた線審はなんでしたが。

1位も17位も大した違いがないと実感したこの2試合。
世界でも類を見ない団子リーグは、酷暑の時期を迎えます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【観戦記】J1ホーム仙台戦 1位も17位も大差なし】

色々な人が、色々な見方をしている、面白い試合でした。浦和の5バックでのリトリート戦術を、悔し紛れにとやかく言う相手監督さんをよく見かけますが、どこぞのドン引き専守防衛や...