【TV観戦記】J1アウェイG大阪戦 クールでないガンバなんて

TV観戦記
06 /19 2012
ガンバというチームには、クールな印象があります。
勝とう勝とうと熱くならない、少々点取られても熱くならない。
それでいて、隙を見せると、さくっとゴールを決めてしまう。

憎らしいと言うよりも、羨ましいクラブでした。
だからこそ勝ちたかったし、万博にも毎年駆けつけたわけで。

永井のゴールで辛勝した真夏のナイトゲームから5年、
体調不良で遠征できなかったのは残念でしたが、
いつぞやの台風の中でのナビ杯を思わせる豪雨の中、
あの、高い壁だった難敵に勝つことができ、
TVの前で、子どもと抱き合って喜べただけでも幸せだわ。

立ち上がりから、ポゼッションの高さ、攻撃の鋭さは相変わらず。
とても、降格圏に沈むようなレベルのサッカーではありません。

でも、やはりガンバは、いつもとは違っていました。
一生懸命でした。クールではありませんでした。
決定力がありませんでした。多分、運だけではないのでしょう。
勝ち点1も許されず、終盤、追い立てられるように前線に上がり、
最後は逆襲を受け、少ない決定機を生かされて失点する。

そのいっぱいいっぱいの試合運びは、
中断前の鳥栖戦のビデオでも再生しているような光景でした。

正直言って、瓦斯戦で世間に褒めちぎられた悪影響からか、
浦和の出来は、鳥栖戦に続き最悪に近いものでした。

ミシャのサッカーを体得していく上で、
前進後退を繰り返すのは、ある程度やむを得ないことと割り切れますが、
あまりの運動量の欠如に、酷暑時のリハーサルやってるのかと思いました。

元気のゴールも、司のゴールも、劇的ではありましたが、
相手の守備の緩さに助けられた部分は小さくないと思います。

その浦和相手に、圧倒し、決めきれず、失速し、ずっこける。
勝った嬉しさよりも、相手の混迷の根深さの方が気になる試合でした。

これで浦和は3位浮上。実力からして、明らかに分不相応。
かといって、明らかに敵わないというチームも存在せず、
引き続き、低レベルで白熱した上位争いが続いていくのでしょうか。

ガンバは、J1に残るべきクラブだと思う。
メンタルの部分をしっかりケアして、ここで何とか踏ん張ってもらって、
是非とも栗鼠さんあたりを引き摺り下ろして欲しいな、とか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito