【TV観戦記】W杯最終予選ホームヨルダン戦 抜けた存在を目指す意味

TV観戦記
06 /09 2012
カズのハットトリックの時は、ポンポンと点が取れ大差つけた割に、
終盤はは失点も重ね、いかにも不安定な締まりのない試合でした。

あの後、突如点が取れなくなり、ドロー地獄に陥った加茂さんでしたが、
今回のチームは、そうした懸念の全くない、異次元の強さでした。

やはり、オマーン戦同様、本田の存在感は格別です。

点を取ったとか取らないとかではなく、
敵を恐れない、球際で負けない、表情を緩めない、そんなオーラを発散し、
常にチームから邪心を取り払い、試合に集中させていく雰囲気を醸し出す。

PKは、相変わらず危なっかしかったけどな。

一方の香川は、メッシのような存在か。
代表では輝けない、悪くないけど、いまひとつ光り方が鈍い。

真ん中やりたいんだろうけどね。
真ん中にはしっかりボールを収めたいから、
前田だけでは頼りなく、本田のような起点が必要になるんだろうな。

ウッチーは、何か逞しくなりましたね、見た目に大差はありませんが。
南ア前あたりは、ウッチー目がけてパワープレイされると、
右サイドから簡単に炎上していましたが、今はそんな心配もなく、
立派なレギュラーです。

皆さん、まあまあ平常運行。

やりにくさのある中東相手の連戦で、完璧な連勝。
これも、海外組が格の違いを見せつけてくれたおかげですが、
確かに、各選手の所属チームを見れば、アジアでも抜けた存在になりつつある。

アジア特有の難しさは依然としてありますが、圧倒的な実力差の前では、
アラブ人の狡猾さや、コンディションの難しさも、消し去られてしまいます。
過去に苦しめられた審判の笛までもが、寄り添ってくれている感があります。

日本や韓国が抜けた存在になることで、
初めてアジアのサッカーも、更生を始めるんだろうか、
そんなことすら感じた試合でした。

麻也の離脱は残念ですが、即座に2人試していたザックも抜け目ない。
大きな影響はないのでしょう。

次は初冬の豪州。
欧州復帰を希望しているらしいスピラは、先発外されたようですが、
12日には、是非出てきて欲しいね。

今の日本にとって、豪州はそれほど大きな相手ではないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【TV観戦記】W杯最終予選ホームヨルダン戦 抜けた存在を目指す意味】

カズのハットトリックの時は、ポンポンと点が取れ大差つけた割に、終盤はは失点も重ね、いかにも不安定な締まりのない試合でした。あの後、突如点が取れなくなり、ドロー地獄に陥っ...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito