【展望】ナビ杯アウェイ鳥栖戦 後がないのは変わらず

展望
06 /05 2012
心配された台風の影響も、大したことないようで、
特に言い訳できないコンディションで迎えるアウェイの一戦。

1試合消化の速い浦和としては、後がない状況は変わらず。

今回は、代表戦に伴うリーグ戦中断期間であるだけに、
ターンオーバーの必要もなく、ガチメンで勝ちに来るんでしょう。

鳥栖は、先日のガンバ戦での劇的な逆転勝利で、
代表戦を控える遠藤・今野を精神病一歩手前まで追い込みましたが、
やはり、2部連、3部連で鍛えられているという自信が、
試合終了の笛まで、走り続けることのできる原動力なのでしょう。

浦和も、20分刻みぐらいで4部連やれば、自信になるんじゃないかなあ。

個人的な関心は、覚醒しつつあるウガと、持ってない感のあるウメが、
どんなパフォーマンスを見せるかで、鉄板の序列に変化が生じるかという点。
ウガののトラップのうまさというか急成長は・・・多分、別の人です。

あとは、最後にポストにぶつけた元気が、いつ借りを返してくれるのか。
フットサルなんか出てる場合じゃないよん。

どうせ、飛行機もないんだし、博多で一杯やって帰ってくるんでしょうから、
存分に働いておくんなまし。



あれ、ウガ出場停止でしたか・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito