【展望】J1アウェイ東京戦 久々の飛田給

展望
05 /26 2012
だいたいにおいて、展望は酔っぱらった状態で書いておりますので、
ところどころ不可解な部分があるのはご容赦のほどを。

とりあえず、瓦斯が目障りだ。
見えないのにね、何言ってるんだか。

前節、ちま投入後偶然にも3点取って逆転した東京は確かに強い、
ような気がする、のは気の迷い。

ナビスコとくっついて、しかも遠方アウェイで、
ハードワークしか取り柄のない鳥栖の足が止まっただけです。

システムとか相性とかコンディションとか関係なく、
強きをくじき、弱きにこけるのが、浦和の伝統芸能ですので、

どちらかと言えば強きに属する東京は、格好の餌食。
(ほらほらリスペクト)

アミノバイタルエリアは、ちょくちょくおじゃまいたします。

まあ、先方さんは、去年の柏の例だけを頼りに、
いらぬ夢を見ているのかも知れませんが、
そういうときに迎えた浦和戦で、いつもどうなっていたか、
しっかり思い出しておいてもらいましょう。

少なくとも、個人的には、
味の素で負けて帰ったことがないもんでね、ウヒヒ。

でも、・・・J1にはやっぱり、瓦斯にいて欲しいね。
お帰り、瓦斯。

また、勝ち点ちょうだいね。

(何が、展望なんだよ・・)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【展望】J1アウェイ東京戦 久々の飛田給】

だいたいにおいて、展望は酔っぱらった状態で書いておりますので、ところどころ不可解な部分があるのはご容赦のほどを。とりあえず、瓦斯が目障りだ。見えないのにね、何言ってるんだか。前節、ちま投入後偶然にも3点取って逆転した東京は確かに強い、ような気がする、の...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito