【観戦記】J1ホーム清水戦 進化する守備戦術

観戦記
05 /19 2012
「浦和のように勝つより、清水の戦い方で負ける方がいい」
清水の監督の試合後のコメントですが、噴飯ものですな。

浦和が引きこもって、大した攻撃も繰り出せず、
たまたま得たセットプレイで得た虎の子のゴールを守り抜いたのであれば、
そういう発言もありうるとは思いますが。

実際のゲームは、浦和の整備されたDFに完全に沈黙させられ、
さらに、何度も攻め込まれて、決定機を作られたこのゲーム。
運よく1-0で終わりましたが、4-0、5-0でもおかしくない内容で、
彼が本気でこの発言をしたのであれば、
ゴトビの監督としての資質を疑わざるを得ないと思います。

それぐらい、内容的には一方的だったこのゲーム。

メンバーこそ違いますが、川崎戦から急速に整備された守備戦術、
もともとワントップにさしたる人材のいない清水ですが、
先発した高原が驚異的な運動量で存在感を示したのは最初の20分のみ。

彼らの唯一の拠り所である高木、大前をどう抑えるかが焦点でしたが、
さして手間取ることもなく、両サイドバック、両ストッパーで対応、
何もさせることなく、ゲームから消し去りました。

河井・アレックスの2シャドウもボランチが中心にケアして、その動きを抑え込み、
苛立ちを隠せなかったアレックスを退場に追い込んだのも、至極自然な流れ。

守備が安定すれば、攻撃に鋭さが増します。

中2日というのに、相変わらず圧倒的な存在感で決定機を演出する陽介に、
バンバン縦パスが入れば、清水のDF陣は後手を踏まざるを得ない。

セットプレイから、阿部に決められたゴールが決勝点になりましたが、
マルシオや原口にもう少し運があれば、一方的な展開になっていました。

正直、清水に勝ち目はありませんでした。

次々と、課題は表面化してくるものの、
それを一つ一つ解決して、前に進むミシャは本当に心強い。
だからこそ、目先の結果にとらわれずに、浦和を応援し続けることができる。

今年は本当に幸せです。

そういえば、今日は杖ついてなかったね。よくなったのかな。


僕は、たとえミシャのサッカーで負けようと、
大前、高木頼みの清水のしょぼいサッカーなんて、何の興味もないけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【観戦記】J1ホーム清水戦 進化する守備戦術】

「浦和のように勝つより、清水の戦い方で負ける方がいい」清水の監督の試合後のコメントですが、噴飯ものですな。浦和が引きこもって、大した攻撃も繰り出せず、たまたま得たセットプレイで得た虎の子のゴールを守り抜いたのであれば、そういう発言もありうるとは思います...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito