【観戦記】J1ホーム新潟戦 前進をやめてしまった浦和

観戦記
05 /13 2012
やっと、晴れました埼玉スタジアム。
これで、犯人は明確になったわけですが。

それでも、相当強い北風が吹き荒れ、
若干肌寒さを感じる中、キックオフとなりました。

この時期は、来ていく服が難しいですな。
試合中はよかったのですが、飲んだ帰りは凍死しそうでした。

新潟は、最近の得点力不足の解消が第一と思ったのか、
ドン引きではなく、中途半端に高いライン設定で入ってきました。
しかし、DF裏のスペースを埋めるわけでなく、
中盤でのプレスも緩く、前線のチェックも大したことがない。
極めて曖昧なコンセプトで臨んできたように見えたので、
これは、ゴールいただき放題かな、と思っていましたら、
早速、左サイドから阿部、梅崎、槙野とボールがつながり、
中に入れたボールがマルシオの前に転がって、難なく先制。

自ずと、追いつくために新潟はさらにラインを上げて、
低いラインでの堅固な守備というストロングポイントを放棄せざるを得ず、
それを逆手にとって、普通にやれれば、
新潟に大勝できた試合だったと思っています。


※この後、若干disりますので、Positiveな方はご注意ください。

とにかく、セルヒオの選手紹介画像が怖すぎる。
・・・・・いや、そういうことが言いたいのではなく、


リードされた新潟は、センターラインを越えて、浦和を押し込み始めます。
しかし、攻撃にこれといったアイディアがあるわけもなく、
ただ、漠然と無理押ししてきたようにしか見えませんでした。

それに対して、浦和もまた、それに合わせて漠然と引いてしまいます。
性懲りもなく、何の反省もなく。

前半29分のなんてことない自陣ゴール前のシーン。
金のスローインをバックラインが跳ね返したとき、順大の前に6人横並び。
跳ね返したところで、セカンドボールが取れるわけがありません。
6人並んでいても、菊池の当たり損ないのシュートに触ることさえできず、
アトムの落としをブルーノロペスに決められて同点。

彼らは、試合後に反省や課題をいつも口にしてはいますが、
それが何ら次の試合に生かされていない、生かされる気配すらない。
同じ過ちを繰り返しが、いったい、もう何試合続いているのか。

ちょこっと練習した後、うまいもん食ってtwitterやってる暇あったら、
川崎戦でも、名古屋戦でも、横浜戦でも、何でもいい、
次の点が取れなかった過去に試合のビデオを何度でも何度でも見て欲しい。

先制して、相手が前掛かりになったところをしっかり守って、
試合を落ち着かせるのは、もちろん大事なことだと思います。
相手もいなすわけでもなく、押し返すわけでもなく、潰すわけでもなく、
戦うことを忘れて、ただ相手を自陣に引き入れて、
人数ばかり揃えてのあなた任せのDFでは、守れるものなどありません。

彼らは、試合をコントロールしようとしていたわけではない。
ただ一休みしているだけでした。
90分走り切れないチームが、仙台や鳥栖に勝てるわけがない。

事故は事故かもしれませんが、起こるべくして起こった事故でしかない。
事故が起こる可能性を低くすることはいくらでもできたはずです。
あれだけGKと3バックがくっついて、スペースや視界を塞いでしまえば、
順大の広い守備範囲や瞬発力も、何の役にも立ちません。

あれだけ押し込まれれば、潔く相手DF裏をロングボールで狙ったり、
もっと相手を追い掛け回して、ボールを奪いに行くこともできたはず。
相手が自陣で密集している中でも、その中でパスをつなごうというのは、
勇気あるチャレンジというのではなく、
単なる状況判断の悪さであり、無謀な愚行でしかない。

先制して、ホームでイケイケのムードが最高潮に達している場面、
嵩にかかって攻めていき、2点目を取って試合を終わらせることだって
十分にできたはずです。

また、それでカウンター食らって失点したとしても、
リスク承知の戦術ならば、ポジティブに気持ちをリセットできます。
サポーターにしたって、積極性や攻撃性が感じ取れれば応援も続けますが、
こんな消極的な試合を見せられて、納得しろと言われてもなあ。

後半はそれなりに攻めたが、作り過ぎてフィニッシュができない、
フィンケ時代から続く悪癖は、なお解消されず。
これもまた、自分が吹かしたくないという消極性や責任回避の意識かね。

ブーイングはともかく、拍手される価値のあるような試合ではなかった。

この際、結果や順位はどうでもいいです。
試合運びの拙さを、とやかく言う時期ではないのかもしれません。
しかし、浦和の選手がこのまま逃げてばかりいれば、
ミシャのサッカーは、歩みを止めてしまうんじゃあないでしょうかね。

何が取るべきリスクなのか、
BBQでもやりながら、みんなでよく話し合って欲しいわ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【観戦記】J1ホーム新潟戦 前進をやめてしまった浦和】

やっと、晴れました埼玉スタジアム。これで、犯人は明確になったわけですが。それでも、相当強い北風が吹き荒れ、若干肌寒さを感じる中、キックオフとなりました。この時期は、来ていく服が難しいですな。試合中はよかったのですが、飲んだ帰りは凍死しそうでした。新潟は...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito