ナビスコ開幕 

浦和レッズ
03 /26 2009
映像は全く見られなかったのですが、
各紙、広島の10年ぶりの勝利のことばかり。
相変わらず、試合見ないでも書けるような記事ばかりです。

さて、漏れ聞こえてくる、アンダーグラウンドな戦評では、
意外とポジティブな印象を受けている方が多いようですね。

昨日、足りなかったのは、空中戦要員とサイドバック。
ヘッドの得意な得点力のあるサイドバック・・・、

野田なんかいいんじゃね?小さいけど。
ネネなんかいいんじゃね?稼働日数少ないけど。

試合を繰り返すうちに、補強ポイントがだんだん見えてきました。
ロマン派のTDは、今頃、フィンケ先生に鞭入れられているところか。
夏にちゃんと補強するんだろうな。

結果には結びつきませんでしたけど、
元気・直輝は頑張っていたようです。

そして、浦和のサッカーも、
少しずつ、よくはなってきているようです。
まだまだ、希望は持てそうかな。

ただ、フィンケの教えを吸収して、どんどん伸びていける選手と、
過去の芸風が足枷となって、それについていけない選手とが、
時間がたつにつれ、次第に二極分化していくような、
そんな流れも、気にはなり始めているんですけどね。

一度錆付いた判断力、プレイスピードというのは、
ベテランであるほど、取り戻すのが難しいのかもしれません。
強いチームには、ベテランの経験というものが不可欠ですが、
それが新しいサッカーの重石になっているとすると・・・。

監督へのアピールが求められる、正念場を迎えているのは、
本当は、果たして誰なのか。

ナビはこれで、2006年の駒場での川崎戦以来、
10試合勝っていないんだそうですね。
あのときの、シトンの4ゴールは凄かったな。

だったら、失うものは何もないということです。
そして、・・・去年のホーム最終戦の屈辱は、
まだ鮮烈な記憶として残っています。

日産でも、思う存分、勝負して欲しいな。
そして、・・・今度は勝って欲しいな、プロである以上。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito