【観戦記】J1ホーム横浜戦 柏木不在時の戦い方

観戦記
05 /04 2012
だから陽介を出すなとあれほど(ry
別に言ってないかw。

スタメン。

____ポポ____
(以下同文)

目先の勝利にこだわる必要もないこの時期に、
陽介にこだわるよりも、陽介不在の戦い方を模索するのが、
長い目で見て、チームを強くしていくことにつながるのに、
それができなかったミシャには、少しがっかりしましたよ。

試合としては、不運な結果と言えなくもないですが、
やはり、やってはいけない試合でした。

失点の仕方が、また、仕様通り。

セットプレーからのセカンドボールを、
後方からのミドルで突き刺されたのは、札幌でもあり、
クロスボールの際にファーサイドをフリーにするのは、
もう定番としか言いようのないレベル。

常に先行され、相手にしっかりとリトリートされれば、
今の浦和にそれをこじ開ける力はないわけですから、
同じようなミスを繰り返す今の浦和の守備意識では、
今後も、難しい試合が続くのだろうな、と思うわけで。

横浜が強かったかと言えば、そういうわけでもない。
確かに、反応は速かったし、勝負どころの集中力も高い。
しかし、今の横浜は、中央から相手を崩す形はなく、
FWが流れてまでサイドに起点を作り、
薄くなった真ん中にクロスを送って、何か起こるのを祈るだけ。

但し、セットプレイとなると、話は変わります。
俊様がキッカー、真ん中にも百戦錬磨の猛者が揃えば、
何かを起こすことは容易に出来ます。
チームとしての割り切りとか整理の点で、横浜が上だった。

仙台を見捨てたマルキに決められたのは悔しいよ。

槙野のゴールで最高潮に達した埼スタの雰囲気にも拘わらず、
なぜかペースダウンした浦和の攻撃に悔いが残ります。

嵩に懸かった攻めができないというのは、
タイトルを意識してというより、去年のトラウマなのかな。
とにかく勝ち点が欲しい、早く安心がしたい、
そんな潜在意識が、すぐに守りに入らせてしまうんでしょうか。

ミシャのサッカーが、本当の意味で開花するのは、
タイトルのちらつく、中途半端な今の順位を守るのではなく、
上位にいることをいいことに、さらにリスクを冒してみる。
戦術であったり、選手起用であったり。

陽介の起用がいよいよ難しくなった磐田戦、
どんな戦い方をしてくれるのか、楽しみであり心配であり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【観戦記】J1ホーム横浜戦 柏木不在時の戦い方】

だから陽介を出すなとあれほど(ry別に言ってないかw。スタメン。____ポポ____(以下同文)目先の勝利にこだわる必要もないこの時期に、陽介にこだわるよりも、陽介不在の戦い方を模索するのが、長い目で見て、チームを強くしていくことにつながるのに、それが...

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito