まだまだ疑心暗鬼

浦和レッズ
03 /13 2012
昨晩、八丁堀でのトークライブ言ってきました。
初めてだったんだけど、楽しかったですわ。

島崎さん、水内さん、ありがとうございました。
飲み屋での僕らと、あんま目線変わらんのねw。

まあ、内容に興味のある方は、
来月もやるから、来てみればいいと思います。
ウラマガもただでもらえるしね(何の宣伝?


それにしても、ミシャのサッカーというのは、
研究されると、攻略しやすいんでしょうかね。
いくら勝手知ったるミシャのサッカーとはいえ、
広島に完璧に迎えこまれた(らしい)のはショックでした。
井原さんも、準備万端、自信満々なようですが。

浦和は、何年やっても、
広島を効果的に崩したことはありませんでしたけどね。

ミシャのサッカーが最初は広島に馴染まず降格した、
そんな印象を持っている方は多いようですが、
初年度(2006年)は13節からチーム引き受け10位フィニッシュ。
翌年にクラブのゴタゴタや選手層の薄さに足引っ張られて、
京都との入れ替え戦に負けちゃったわけですから、
あまり戦術の浸透度は関係なかったような気もします。

むしろ、すぐに結果が出て、すぐに壁にぶつかる方が怖い。

成熟度が低いからどうにもならんという部分と、
成熟度が高くなってもどうにもならんという部分がまだ見えてないので、
ちょっと心配なんですな。

ましてや、次節は守備崩壊気味とはいえ、王者柏。
アウェイ札幌も控えていて、よもやの3連敗とかにでもなれば、
香ばしい雰囲気が醸し出されないと言えなくもない。

今期の流れを決めかねない2試合を前に、何の手応えもないのよね、まだ。
ハードトレーニングの疲れが、出てきちゃってるのかしらん。

とにかく、早く勝ち点積み上げて、
セホーンガンバのヲッチングに専念させて欲しいものだよ(心得違い
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito