天皇杯準決勝見てましたが

Jリーグ
12 /30 2011
長居に行きたかったんですけどね。

今日の2試合は、なかなか見応えがあって、楽しめました。
(御用納め後、朝帰りのため、時々寝ヲチしていたのは内緒)

特に、京都は素晴らしかったね、
大宮との準決勝思い出しましたよ。

史上初のJ2対決ということになりましたが、
どちらの試合も、内容からして、決して番狂わせではなかった。
もはや、J1とJ2に、超えられないような壁はないようです。

クラブライセンス制の影響が、いかほどのモノなのかは、
正直、詳しくないので何ともコメントのしようがありませんが、
浦和に限らず、どのクラブもスケールが小さくなってきてますね。

名古屋あたりがベストメンバーなら、多少敵わない感じありますが、
去年の横浜や清水、今年のG大阪や広島など、あちこちのクラブが、
うまくいっているのに、良い選手=高い選手を、平気で放出する。

そんなことしてたら、浦和みたいに観客減って、
更なるリストラが必要となり、Jのデフレスパイラルが始まる。

選手枠も少ないので、どんどん有望な選手もJ2に流れる。
チーム全体のポテンシャルに、J1もJ2と大差なくなってくる。

今年は、決勝進出の2チームに限らず、他も強かった。
というか、J1のチームが決定的な違いを見せられなかった。

これは悪循環なんじゃないかなあ。

確かに、ブンデスのような、実力が拮抗したリーグになってきたし、
将来、財務内容が好転してくれば、いうことないんでしょうが。

それにしても、岡田ジャパンの参謀役だった
大熊・大木の顔合わせというのが、面白い。
似たような、パスが回る優等生なサッカーですから、
それなりの好試合は、見せてくれるんでしょうね、決勝も。

特に、京都との若い子たちはとても頑張っていたし、実力もあった。
こういうチームでも昇格できないんだから、落ちなくてよかったよ。
延長後半の2回の得点シーンは鳥肌もんでした。

でも、何か各クラブの特徴が、どんどん薄れてきているような。

これが喜ばしいことなのかは、よくわかりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito