【2011年雑感】海外移籍との付き合い方

浦和レッズ
12 /30 2011
長谷部、阿部、細貝、あと伸二もかな。
中盤ばかり連れて行かれたのは本当に痛かった。

でも、現在のJの立ち位置を考えれば、海外への戦力の流出は、
浦和だけではなく、どのチームも抱えている深刻な問題でしょう。

若い才能が、派手に開花するほど、代理人が暗躍します。
日本のサッカーを考えれば、どんどんと海外に選手が出て行くことは、
悪い話ではないのでしょうが、基本スタンスが

「浦和さえよければ、ほかの事はどうなってもいい」

という僕らにとっては、腹立たしい限りでございまして。

まずは、持っていかれないこと。
やはり、クラブの戦略としては、

坪井のように、代表クラスなのに、ぎりぎり声がかからない層や、
遠藤のように、世界クラスなのに、見た目がメタボリックな層や、
暢久のように、宇宙クラスなのに、単に海外行くのが面倒くさい層、

こうした人材をいかに取り込んでおくかということが大事だってことを、
今日何度も言っておきます。!(大事じゃねぇし

ここら辺は、鹿さんがうまい。

次に、すぐに取り返すこと。
海外に行ったものの、なかなか出場機会を得られず、心が折れそうな子に、
そっと近づき、肩に手をかけ、心の隙間にそっと呼びかけるのです。

「もう、帰ろう。君はよくやった」と。

カツ丼を食べさせてあげてもいい。「ふるさと」の歌を歌ってあげてもいい。
そうすると、彼らは、泣きながら浦和の契約書にサインをすることでしょう。

代表クラスが入れ食い状態で、外人枠も必要ありません。

あべゆ、もう帰っておいでよ。
つうか、きしょーはもう行き先決まったんかね。
まきのも、母ちゃんのビデオレターでも持っていけば、どうにかなるのでは。

うちはと言うと、

直輝、峻希あたりは、背が低すぎて外国人スカウトの視界から外れてるため、
おそらく、幸いにもその存在を気付かれてないようですので、
意外と最初に声がかかるのは水輝あたりではないかと思っているのですが、
流れ星になった元気は、当面大丈夫でしょうし、
しばらくは安心です。

当然、選手の育成やチームの編成は、長期的な視点が必要ではありますが、
チームの屋台骨がいつ引き抜かれかわからない昨今の情勢であれば、

1年1年が、勝負なんじゃないですかね。

だからこそ、常に高いアンテナ張り巡らせた、能力の高い強化部門を作ることが、
何より肝要なのではないかと思います。

そのためにも、残留で安心し、年末年始に寛ぐのではなく、
代理人集めて盛大にカニでも食わしておかないとな。 >山道ぶちょー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito