Jリーグ第3節アウェイ山形戦 切望

TV観戦記
07 /07 2011
まあ、明日もあるんで、長く語りたくもないですが。

浦和某所にて、TV観戦。

引き分けという結果に、特に不満はありません。
アウェイですし、連戦ですし、相手も必死ですし、
最低限の結果として、十分許容できるものであります。

それでも、試合終了後、スタジアムに呆然と座り込む現地組、
同じように、怒ることも、肩を落とすこともせず、
無言でただTV画面を見つめる留守番組。

勝ち点1が悪いわけではない。

連戦の疲れ、だけでは説明のつかないほど絶望的な運動量の無さ。
それは、選手起用の部分で十分改善できた点ではないかと思う。
ハングリーな連中は、いくらでもいる。

それに対する、指揮官のチームの現状認識の出来なさ加減たるや。

ポジションを守らない2~3人の選手のために、相手が守りやすくなった?
オヒサルからは、姑息にもすぐに削除されたコメントだが、
明らかに、直輝らに向けられた非難の言葉。

ハーフタイムにも、自分のポジションを守れとの指示。
その成果か、流動性を失い、最低と思われた前半をさらに下回るパフォーマンス。
コーナーを奪った時の、直輝の沈痛な、見たことの無い険しい表情。

ガンバ戦の終盤の攻勢が、何によって生み出されていたのか。
ポジション固定の、”やーやー我こそは”スタイルの成果でないことは、
誰の目にも明らかだったはず。

スタジアムの中にそれを理解していない人間がいた。
しかも、浦和のベンチで、浦和の指揮を執っていたことに驚愕する。

マスコミ関係者にとっては都合のいい指揮官かもしれない。
なにせ、試合の何日も前から、スタメンを公表してくれる、
この上ない、サービス旺盛な紳士ですから。

だから、「グッバイ」と大原にダンマク掲げられても、
フィンケのときのような、鬼の首でも取ったような報道をされることもない。
もちろん、その利権で食っている浦和ウォッチャーにも抜群に受けはいい。

グルヴァも何のしがらみがあるかは知りませんが、
彼を男にしようと必死ですね。
とっくに、GMともども、バス囲むレベルだと思いますけどね。
この温度差だけは、いかんともしがたい。

しかし、浦和というクラブが、
本当に大事にしなければいけないのは、
必死に守ってあげなければいけないのは、
いったい、誰なんだろうね。





ペトロを、解任して欲しいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito