虎視眈々

浦和レッズ
03 /18 2009
今日は練習、お休みですね。
あ~、喉痛い、・・・休みたい。
上空は真っ青なのに、遠くの空は茶色いし・・。
中国は、日本の東に移動してほしい。

中国と入れ替わったら・・・・、
日本もUEFA入りできないかな。(まだ遠い。)
その前に隣国から攻め込まれそうですが。


生え際がグロなトゥーはマゾですから、
次の試合は心配ないと思いますが、
ヤングプレーヤーは、使えるんでしょうか。

まあ、いくらヤングプレーヤーとはいえ、
全治3週間の脱臼を3日で治すような芸当は、
さすがにもうムリでしょうからねえ。
(という前に、それほどの怪我でもないようですが。)

昨年までの、
そこで、無理させてでも、パフォーマンスが悪くても、
満身創痍のレギュラーをピッチに送り続ける、

ゲルマン系ど根性サッカーwith勝者のメンタリティ

が、ずっと、「レッズスタイル」なのかと思ってましたが、
どうやら、勘違いだったみたいね。

逆に今年は、
「もう、治ってるんだああ~、使ってくれええ~!」
みたいな雄叫びあげてても、冷たくお預け状態ですから、
ゲートインして、入れ込んじゃってる馬みたいなのが、
大原で暴れているわけでして。

これって、すごいモチベーションになるんだろうな。

ここでたまった、爆発寸前のエネルギーを、
ふっと使ってあげれば、チームも活性化するというもんですが、
使ってあげなければ、昨年のように別のところで破裂するわけで。

瓦斯戦で外された、高原や平川だけでなく、
アレだって、セルだって、ホリだって、そして直輝だって、
虎視眈々とスタメン狙ってるでしょうからね。

大谷や順大だって、チャンスがあればトップ下を(違

また、怪我で調整中のメンバーも、焦る気持ちはあるでしょうけど、
焦って上げても使ってくれないんじゃ、じっくり治すしかない。

この、手綱さばき・・・、
フィンケ先生、きっと、
恋の駆け引きは、手練手管系のプレイボーイだったに違いない。

「またかよ~」
「まだ使うのかよ~」

そんなスタジアムでのため息は、もう過去のこと。
毎試合、アップに飛び出てくる選手を、
固唾を呑んで、見守っているような、そんな時間が、

・・・まあ来ないでしょうな、・・大体前日にわかっちゃいますからw。

でも、
チーム戦術の迷走で、求心力を失っていった前任者や、
人心掌握力の不足で、求心力を失っていった前々任者や、
かあちゃんがうるさくて、職場放棄した前々々任者らの後を受けた、

チームをきちんとひとつに束ねてくれそうな指揮官が、
麻生内閣の何倍もの支持率を得られるのは、至極当然なことでして。

サポもクラブも、
まだ、フィンケの手の中で転がされているような気がしますねえ。

ゴロゴロ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

赤人さま

今年もよろしくお願いいたします。
開幕戦は無理でしたが、ホーム開幕戦は参戦いたしました。
7時台の新幹線でしたが、同じ車両にうぃあーさんがお二方。
乗車率4%ですねー(爆)。

今季もよろしくお願いします。

中国ではとてつもなく快適です
砂も花粉も飛んでません
のに、日本に飛んでる?

マスゴミに操られてませんか??

実態は良くわかりませんが…

>じ~じさま
こちらでもよろしく。
じ~じご夫妻+お二方in5人席×20列、
確かに4%だ。

>ずんたろさま
中国共産党に検閲されてるみたいな発言だなあ。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito