ナビ杯1回戦ホーム山形戦 まだ前半が終わっただけ

観戦記
06 /05 2011
ともかく、勝ち点3がやっと取れまし(違

20110605a.jpg 20110605b.jpg
20110605c.jpg 20110605d.jpg
20110605e.jpg 20110605f.jpg

布陣は新潟戦と同じく4-4-2。
スピラに代わって暢久がCBに入り、順大は初先発。

このシステムは、やはり、今の浦和のタレントに合っている、
というか、ペトロ式3トップが合わなさ過ぎるというか・・・。

今日は、順大がとてもよかったと思います。
フィードが素早く、流れが止まらないので、チームに良いリズムが生まれます。
これぐらいのパフォーマンスであれば、リーグ戦もいけるんじゃないかな。

暢久がCBに入ると、ぐんとラインが上がるので、
新潟戦よりも、ラインもコンパクトでした。

今日の主審には、いろいろと僕らには見えないものが見えていたようで、
元気の先制ゴールが取り消されるなど、フラストレーションのたまる展開でしたが、
前半にPKゲットし、後半は元気が叩き込んで2-0の勝利。

勝つには勝ちましたが、山形の出来に救われた点が多々あり、
納得して帰ったお客さんは少ないんじゃないですかね。

ペトロの作ろうとしている浦和って、
外装や内装はきらびやかに見せているけど、
土台や骨格がでたらめの違法建築で、ガス・水道・電気がきちんと通ってない、
そんな建物のようなものなんじゃないでしょうか。

「攻撃的で魅力あるサッカー」というようなフレーズを聞くたびに、
サポーターの目を、随分と見くびっているんじゃないかという不安に駆られます。

なぜ、マルシオをボランチに回すのか、
なぜ、いつまでもマゾーラが戦術の中に組み込まれないのか、

選手が交代するたびに、修正されるはずのピッチ上のバランスが、
毎度のことながら、逆にどんどんと崩れていく様をを見ていると、
今回の勝利など、ただの偶然の積み重ねとしか思えなくなっていく。

思うことはたくさんありますが、
頭冷やしてまた書きますわ。

20110605g.jpg 20110605h.jpg
20110605i.jpg 20110605j.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito