Jリーグ第13節ホーム新潟戦 出口の見えないトンネル

観戦記
05 /28 2011
ホーム3連戦を無敗で乗り切ることが出来ました。

真面目な話、今は負けないこと、勝ち点1でも積み上げていくことが、
とても重要なのではないかと思います。
逆に言えば、それ以上のものを望めるような状況でもない。

20110528a.jpg 20110528b.jpg
20110528c.jpg 20110528d.jpg

たっぷりと水の撒かれた埼玉スタジアム。

鹿島戦で、あたかも機能したかに見えた4-4-2に、
ペトロもサポも、寄りかからねばならないというのは、危機的な事態と言えますが、
前半は、思いのほかうまくいっているようでした。

広すぎたり、狭すぎたりしていた各選手のプレイエリアが、
適度の距離感の元に(偶然)整理され、気持ちよくプレイしているように見えました。

エジと高崎も、片方が潰れて、その裏を狙うというような役割分担が確立し、
孤立することなく、次々にチャンスを作っていました。

柏木も、2列目が左右に開いたことで、前方に大きなスペースが出来、
いいタイミングでバイタルに侵入する動きが出来ていたような気がします。

ビルドアップに関しても、2ボランチがパスコースを作ることで、
スピラ・永田が、簡単に前にボールを預けることが出来ていました。

いいリズムの中で、マルシオのリスタート、エジの今期初得点は、
必然の産物であり、大きな収穫でした。。
その後に何度も訪れた得点機をものに出来ていれば、試合はクローズしていました。

少なくとも、前半は、これから浦和が戦っていく上でのスタンダードが出来た、
そう評価できるような、素晴らしい出来じゃなかったかと思います。

しかし、先制後、新潟の圧力に次第に浦和が後退していきます。
今日の新潟が優れていたわけではなく、むしろ精度の低さに助けられていましたが、
今の浦和には、勝ち切る力を全く持ち合わせていませんでした。

何より、あらゆる局面において判断が遅い。

ルックアップして、ピッチ全体を俯瞰して捉えられるような選手がいないから、
選手が動き出しても、そこにボールは出てきません。
そこに、共有するイメージや約束事がない限り、ボールは届かない。
無意味なフリーランニングを繰り返せるほど、人間は強くありません。

DFもボールを持ちすぎては追い込まれる。
やたらと正確に蹴ろうとしてタッチ数を増やし、プレスを受けて仕方なくクリア。
アバウトでも良いから、ダイレクトでつないだ方が打開できる局面もあるのですが。
終いには、相手かわそうと切り返したところ、ボールかっさらわれて大ピンチとか。

新潟がサイドに起点を作り始めると、鹿島戦同様、DFラインがバタバタし始めます。

左の小暮は峻希がなんとか封殺していたものの、
右の藤田には、ちょいちょい蹂躙されておりました。
ウガは、守備だけではなく、前線に上がっても右足でのクロスにこだわり、
縦への突破がないこと見透かされて、好機演出にはいたらず、
相変わらず安定しない守備と合わせて、悩みは深そうです。

同点シーン、新潟のセットプレイから、ギシのこぼしたボールに誰も反応できず、
全員棒立ちのまま、同点ゴールをただ眺めることしか出来ませんでした。

反応の遅さ、判断の遅さというものは、どうしたら改善されるのだろう。
それは、きっとシステムの問題ではないのだと思う。

来週は、ナビですが、つらい観戦が続きます。

20110528e.jpg 20110528f.jpg
20110528g.jpg 20110528h.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito