Jリーグ第11節ホームC大阪戦 自分を信じよう

観戦記
05 /16 2011
一日、頭冷やしましたとさ。

元気のファインゴールの時には、通路走り回っただよ。
あの時、喜びを爆発させておいて、本当に良かった。
その後、喜ぶ場面なかったもんね。

神戸戦に引き続いての、ミッツ-啓太のホットライン。
ミッツさんも、早く啓太の仕様を理解して欲しいものだわよ。
日本随一の、ボール預けちゃいけないボランチなんだから。

まあ、いろいろとご批判はあると思いますけどね、
(お前も文句言うとったやないか、)
ペトロはクビになるまで、毅然としてればいいんと違う?

キョドったり、ヒヨったりするリーダーには、
どんな部下だってついて行こうとするわけありませんし、
どんな苦境でも、平然と、冷徹に、泰然自若としていれば、
(明らかに、キャラが違うな、)
なんか凄い人なんじゃないかと勘違いして、ついてくるもんだ。

落合を見習(違

20110515a.jpg 20110515c.jpg
20110515b.jpg 20110515d.jpg

雲ひとつある絶好の行楽日和、穏やかな春の日曜日。
掟破りのピカチュー起用にも、集まった客は31,571人。

まあ、完全にマーケティング間違ってるわな。
背水の陣で、AKB(赤羽ではない方)呼んでくる日も近いな。

この日の布陣は、はっきりとした4-1-4-1。
いくらなんでも、啓太がかわいそうだろ。足も攣るわな。

2列目中央のマルシオ・陽介が、
桜のボランチに襲い掛かっていたのも最初の方だけで、
しかも、啓太がべっとりツインタワーに近寄ってるもんだから、
真ん中の逆三角形が妙に間延びして、その間のスペース使い放題。

5-0-5だよ、あれは。

この日は強い南風で、前半はボールが飛ばない飛ばない。
先制してすぐにぐいぐい押し込まれ、風で戻された球拾われまくれて防戦一方。

あの場合、なんとか高くなってた桜のバックラインの裏にボールが出せれば、
ボールは止まるから、格好のカウンターチャンスになったのですが、
これを有効に活用できたのは、後半の桜さんでした。
しかも後半風やんじゃったし。

それにしても、ビルドアップできないな。

バックラインで横パスつないでも、意味もなく相手ひきつけては、
苦し紛れにパス出して、次第にコースを狭められて追い込まれてました。
その余裕のなさが、失点シーンにも繋がるわけで。

でも、個人プレイでチャンスメイクできなかったとは言われますが、
ある程度敵陣でボール回せるようになった後半、セルは躍動してたと思うんだけどな。

前半のように自陣にボールがあると、
プレスは適当だし、足はあまり速くないし、ボール引き出すアイディアもないが、
後半になると、得意の重戦車ドリブルで、相手を引きずっておりました。
周囲がもう少し連動してあげるとね、良かったんじゃないかと。

この不振の浦和で、元気と峻希は光っているね。
この2人をつなぐのは、やっぱり直輝なんじゃないかと思うんだが、どうなのかな。

はっきり言って、C大阪の決定力がスットコドッコイだったことによって、
幸運にも勝ち点1を得ることが出来たわけですが、
ここで負けが止まったことは大きいです、ホント。

20110515e.jpg 20110515f.jpg
20110515g.jpg 20110515h.jpg

栃木にも歯が立たない弱小チームですが、自分を信じようぜ。
やりたいこと貫けば、絶対結果はついてくるんだから。

何がやりたいかは、相変わらず良くわかりませんでしたが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito