C大阪戦展望 我慢我慢

浦和レッズ
05 /14 2011
お互いリーグ戦では勝ち点を伸ばせず苦しんでいるもの同士とは言え、
あちらさんは、負けてるわけではないし、ACLでは結果を残しており、
トンネルの中で出口が見えない状況ではありません。

一方、人として愛すべき人物であることは誰もが認めるものの、
壁にぶつかった現状を打破すべきスキルも引き出しも見受けられず、
ファイトやクラブ愛といった精神論と、半ば選手に丸投げの戦術で、
本人は軽い鬱状態に陥っているという点では、

どこかで見たことのあるような光景と言えなくもありませんが。

今年は震災の関係でサマーブレークがなくなりましたので、
夕張メロンのような、おそろしい思いをする必要はなさそうですが、
選手みんなで中華料理を食べて気勢を上げている姿は、
いつぞやのバーベキューや鰻の出前やソフトボール大会を彷彿とさせます。

ここから、負けられないホームでの連戦に突入します。

ただでさえ、最近の選手交代を見る限り、
戦況に応じた適切な判断能力は、既に失われた感のある浦和ベンチ。
これ以上閉塞感が続くようであれば、
数年振りに「6番のホワイトボード」が復活することも避けられないかも。

いずれにせよ、早くチームが順回転を始めないと、
戦う気持ちだけでゲームを支えている選手たちが、壊れてしまいます。

ただ、ワークしないペトロの戦術に問題が先なのか、
一歩遅い出足、甘いトラップ、弱い球際といった選手の問題が先なのか、
正直、よくわからないところではあります。

桜さんは、自分たちのサッカーをしてくるタイプのクラブなので、
今の浦和にしてみれば、少しはやりやすい相手なのかもしれませんが、
同じような相手に、国立でコテンパンにされたことを思えば、
あまり、楽観視することはできないのかな。

今日の清水の1失点目を見ながら、国立の立ち上がりの失点を思い出し、
やはり、チームがくじけてしまうようなビハインドは絶対にいかんなと。
まずは焦らず、0-0でいいから、じっくりと相手を見据えること、
トライに失敗しても、しっかりとリスクをカバーし合って、
揺れの小さな試合を進めていくこと、

あとは、神様がプレゼントしてくれますよ、ラッキーパンチを。

今は、初戦ブービーレベルのチームでしかないのですから、
自分の力を過信せず、無理押しするのではなく、相手の隙を虎視眈々と狙う、
そんなサッカーすべきなんじゃないですかね。

メンバーとしては、啓太・セルの起用が濃厚。
柏木が攻撃時にマルシオさんの近くにブラブラ顔を出すことが多く、
速く攻めきってくれれば良いが、遅攻でSBまで絡んだりしますと、
カウンター受けたときに酷いことになっています。

ツインタワーがスピード不足で、バックラインを上げづらいなら、
セカンドボールの奪取率は当然落ちますから、ポゼッションも維持できない。
今の浦和のメンバーなら、後ろ体重でどっしり構えて、
攻撃は限られた人数で、素早く攻めきってくるしかないんじゃないのかな。

ポゼッションしたければ、去年のツボと暢久の、高い高いバックラインしかない。
ガンバぐらい点が取れれば良いですけど、今は大した期待が出来ないんだから、
チームが回り始めるまで、我慢しないと。

まあ、ペトロのキャラとは合わんとは思いますが、
どうせ、彼のキャラも崩壊しかけているわけですから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito